-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『にゃんこ亭のレシピ』シリーズ/椹野道流(山田ユギ) | main | 『ダブル・ベッド』/吉田ナツ(海老原由里) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スノーファンタジア』/うえだ真由(あさとえいり)
うえだ作品の感想その3です。

ブログも1年にもなろうかというに読む作家が雑多なせいか、
なっかなか複数冊書く作家さんが増えていかないため
「その他の作家・混合」カテゴリが一番多いんですよね…。
榎田さんと中原さんだけやんね、二ケタなの。

ひちわさん・榎田さん・いおかさん・剛しいらさんあたりの
カテゴリをもうちょっと増やしたいですね。
…あ、1周年記念は同じ作家を連続して書こうかな。
できるかどうかは別として、そんなことを考えました。

さて、今日はベタな記憶喪失ものです。



スノーファンタジア
スノーファンタジア
うえだ 真由著 新書館 (2005.10)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
松岡里央
(まつおか・りお)は親友の坂口陽史(さかぐち・はるふみ)に
密かに想いを寄せていた。だが残酷なことに、
陽史には付き合いを公にできない恋人・黎子がおり、
傷心しながらもその付き合いに協力していたのは里央だった。
陽史が幸せなら良い、と割り切っていたためだ。

その彼女が半年間の留学に出発した日、見送りに行った2人は
自動車事故に遭い、傷の深かった陽史が記憶喪失になってしまう。
彼女の存在も忘れた陽史は、親身に面倒を見てくれる里央を
自分の恋人だと思い込んでしまうのだが、諦めていたはずの恋が
ひとときでも叶うなら、と里央はそれを否定しなかった…

*   *   *   *   *   *

ベタなんですけど、記憶喪失以前の仲を修復していくのではなく、
記憶がなくなってから近づいていくお話は
あんまり読んだことない気がします。

で、「付き合ってて記憶喪失」のパターンだったら、
記憶喪失側に引け目や苦しみが重なっていくものですが、
この場合は、思い出せないのを利用した方である
里央が苦しくなってっちゃうんですよね…。

付き合っていても、自分を嘘でごまかせない。
黎子と陽史の恋愛を知っていたのは自分だけだったから、
余計に自分だけの罪が重くなっていくばかり。
そして耐え切れなくなって、打ち明けてしまう。

そこまで行ってしまってから言うのが遅い!と言うのは
とても簡単なのですが、好きだから陽史の思い込みを否定せず、
好きだから誤解を解けない…里央が陽史を好きなのが
わかるだけに、その背負い込んでしまうその弱さ。
私もとっても弱い生き物だから、それを否定できません。
切ないよなぁ…この選択は。

ま、結果はハッピーエンドなのですが…
書き下ろしでもテーマになっているように、里央の
罪の気持ちはなかなか消えてはくれないでしょうね。
略奪の恋愛ってそんなにキレイなもんじゃないですからね。
でもこれから先、一緒に生きたい相手として
黎子よりも里央を選んだ陽史が相方ですから、
ちゃんと付き合ってゆけそうですね…よかったよかった。


しかしさ、ちょっと気になったことがありまして。
陽史勘違いした理由に、「里央が献身的につくしてくれた」と
いうのがあるのですが、これは里央が片思いだったからこそ、
一方的だったからこそ無垢にできた事だと思うんですよね。

もし元々2人が両思いだったら、里央は記憶喪失以前の陽史を
きっと求めてしまうでしょうから…思い出が深いだけに。
前の陽史と違う…と言いつつ尽くすより、略奪とは言え、
ゼロの状態からはじめた分、罪の意識を引きずってでも
里央にとってはかえって良かったような気がします。…蛇足ですが。


うらがきの「愛と罪の幻想曲」というアオリ以外は楽しめました。
ちょいと切ないものをお探しの方はどうぞ。
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |