-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『スノーファンタジア』/うえだ真由(あさとえいり) | main | 『「薔薇族」編集長』/伊藤文学 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ダブル・ベッド』/吉田ナツ(海老原由里)
最近、他の人の感想を読んで自分の感想に思うこと。

BLを盲目的に愛せてない!(ガーン)

誰の何が超可愛かった!とか、書かないもんなぁ…
もとよりその傾向はあった気がするのですが、
『箱の中』『檻の外』を読んで以来、自分の萌えより
文章を愛する傾向が強くなった気がします。

そんな中で、今日は最近読んだ本の中で萌えよりも
文章が好きだった作品をご紹介。



ダブル・ベッド
ダブル・ベッド
吉田 ナツ著 ビブロス
[Amazon]

☆あらすじ
設計事務所の営業マン、佐伯は仕事も恋愛も軽くそつなくこなすタイプ。
しかし新人設計士・実里(みさと)との恋が彼を変えてしまった。
佐伯が今まで味わったことの無い嫉妬や不安な感情を味わっているのに
嫉妬もしない大人しい実里がもどかしく、つい苛だってしまう。
愛しすぎたらうまくいかない―分かっているのに止められない、
そんな想いを抱えていた佐伯に突然実里から『別れる』との連絡が…

*   *   *   *   *   *

「浮気だったら我慢します。本気だったらあきらめます」
お前は演歌の女か!と回転しつつ裏拳を突っ込みたくなる
実里の大人しさ、干渉しなさには呆れるほどでした。
(私だったら「浮気は半殺し、本気なら存在を忘れます」ですけど)

しかし、自分は愛される存在でないという実里の考え方の
理由は無理がなく、納得できます。そんな実里に苛立ち、
逃げられながらも解きほぐしてゆく佐伯との関係を
細かなエピソードをはさみながら、静かに淡々と
練り上げていく展開・描写がなかなか良いです。
華やかでもなく、ちょー泣ける!でも無く、コメディでもなく、
あくまで静かに淡々としているんですが、こういうのも好きです。

付き合い始めてからというのは、『2巻でのお約束』という、
ジャ○プにおける格闘もの+引き伸ばし作戦と同じくらいに
BLにおける固定観念があったせいか、1話目なのに
付き合い始めてからのお話が長いというのも好みでした。

また、後編「アイム・ホーム」は実里目線なのですが、
少々潔すぎるんじゃない?と思っていた実里の性格も、
次第に人並みに執着するようになっていく様子が
本人の自覚とともに、丁寧に見られて良かったと思います。


さて、好きな文章と言う点について。

文自体は著者初のノベルスということもあり、平易な文ですし、
語彙もそれほど豊富ではないのですが、凄く丁寧です。
音読してると思われるような読点のもつリズム感が、
完成していない、けれどオリジナルの文を感じさせました。
そしてその端々に『BLが好き』な気配があるのが素敵。

ビブロスの絶版本ですが新しめなので
まだ手に入りやすいかもしれませんね。
他のも読んでみようと思います。既刊が少ないし…。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |