-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『DEADLOCK』/英田サキ(高階佑) | main | 『ソリッド・ラヴ』アヅマリシリーズ/榎田尤利(高橋悠) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『執事の特権』/榎田尤利(佐々木久美子)
今日、『ゲイ&腐男子のBL読書ブログ』は1周年を迎えました!
今の仕事を始めるまでの手遊びに、と始めたこのブログ、
長く続けられるとは思ってもいなかったのですが、
意外や意外、萌えがあれば頑張れるものですねぇ…。

もちろん見てくださる方々、コメントしてくださる方々、
拍手してくださる方々がいらしたから続けられたと思います。
感謝の辞とともに、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、1周年記念は、前にも書いたこちらにしました。
「同じ作家の本を何日か(適当)、続けて書く!」
その作家は、榎田尤利さんに既に決定ー!

紹介したかったのに、次々読むもんだから機会を
逸してしまった未紹介本たちをご紹介したいと思います。

まず第一弾は、ドラマCDにもなりました、こちらの作品です。



執事の特権
執事の特権
榎田尤利 大洋図書 (2006.1)
[BK1][Amazon]

☆オススメ!!

☆あらすじ
業界大手の乃木坂製薬の営業職の面接に出向いた原田仁(はらだ・しのぶ)は、
なぜか最終面接にて営業ではなく、特別秘書候補として雇用される。
そして、乃木坂家の執事である富益(とみます)の執事教育を受けながら、
乃木坂製薬の経営企画室本部別室室長・乃木坂乙矢(のぎさか・おとや)の
住む屋敷で秘書兼執事として生活することになる。

秘書兼執事として乙矢の元で働くことになった仁に対し、
『最初に言っておくが、私に触れたら殺す』と乙矢は告げる。
なんと乙矢は潔癖性で人間嫌いで毒舌家でわがままで、
ひとりよがりで神経質、という人間だったのだ。

しかし仁は時にめげながらも辞めることもなく、段々と乙矢にも慣れ、
乙矢も仁に対し、わずかに打ち解けた態度をとるようになったのだが、
なぜか触れられることだけには頑なに、過敏に反応する…

*    *    *    *    *    *

あらすじが堅いわりに、コメディ!なぜなら。
ええい、緊急のときでもふれるなさわるな近づくな、と
「火事の時のおかし(押すな駆けるな喋るな)」みたいな、
矛盾したことをほざくくせに、いきなり階段を転げ落ちる(抱腹絶倒)と
いう、ドリフの回しものとしか思えない墓穴の掘り方をする
乙矢の行動の数々のせいだ!w

近寄られ無いためにチェスに菜ばし使え!って…(抱腹その2)
ちょっと離れて執事の富益か仁に動かしてもらうか、
もしくは自分が仁の分も動かせば良いってことに
気づかないってところがヌケてて、なんて可愛いんだw

仁も仁で、お笑いとしか思えない乙矢のよきパートナーに徹し
緊急のときに乙矢を殴って失神させるわ(おいおい)、
菜ばしで乙矢の鼻を摘むわ…(抱腹その3)
仁は家の執事というよりほんとに乙矢の執事、ですね。
普通のあんちゃんが執事の格好してるだけで、
執事ものとはいえないような気がするのですが、
まあ、真の執事は富益がいるからいいでしょう(彼はバトラーだ…!)。

まあ、そんな感じでお笑いテイストなのですが、
乙矢の潔癖症の原因は痛々しい…相手が汚いんじゃなくて、
自分が汚いと自己否定してしまうのって辛いですね。

しかし、乙矢にかかった呪いの様なコンプレックスの解き方が、また…
すっごく仁のたった一言のセリフに感動したところに、
乙女爆裂な乙矢…貴公子のはずが姫だよー!(抱腹その4)
ここって笑うところじゃないと分かってるんですけど…
笑っちゃダメなところで笑っちゃう私なのでした。

あー、やっぱり今読んでもコメディなんだからコメディ決定w

その後も乙矢がコンプレックスを減らしながらも持ち続けそうですが、
2人とも楽しい掛け合いをして生きていきそうな絵が見えます。

大満足だったなぁ…これは。榎田作品の中でも上位に来ます。
笑いつつ、榎田さんの文章を味わいましょう!
| [BL・小説]榎田尤利 | 16:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:47 | - | - |