-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『執事の特権』/榎田尤利(佐々木久美子) | main | 『きみがいなけりゃ息もできない』/榎田尤利(円陣闇丸) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ソリッド・ラヴ』アヅマリシリーズ/榎田尤利(高橋悠)
榎田尤利祭…じゃなかった、1周年記念第2段は
こちらの作品です。

これ、もう6年も前の作品なんですね!
時代を感じさせないな…作中でのPCのスキルが低いところくらい?
埋もれていかない、消費されずに残るBLって
なかなか無いですが、魚住君シリーズ同様、
この作品はまだ残っていける作品では、と思っています。

ホント私は榎田尤利さん贔屓ですねー。いいんだ、好きだから。
(『えだゆうりさんびいき』→「榎田尤利賛美生き」と変換された。
あながち間違いでも無い気がする。)

それではネタバレ感想に参ります…



ソリッド・ラヴ
ソリッド・ラヴ
榎田 尤利著 大洋図書 (2000.11)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
吾妻太陽
(あづま・たいよう)は、ある大手商社に入社した。
英語もできない、パソコンもできない元気だけがとりえな自分と
対照的なのは同期の伊万里敦彦(いまり・あつひこ)だ。
とにかく仕事ができるパーフェクトな人間だが、愛想が無い。
そんな伊万里と会社の飲み会の王様ゲームでキスをすることに!
伊万里はそんなのに乗らないと思っていたのだが、
「吾妻は僕のキスで腰砕けになってしまうからやめましょう」と
挑発してくる伊万里。対抗しようとする吾妻だったが…

*   *   *   *   *   *

リーマンを榎田尤利流にシンプルに仕上げたら、
こうなるんじゃっ!と、そんな印象を受けました。

吾妻は下の名前の通り、太陽のように朗らかで、明るくて、
前向きで、仕事に対しても熱心で、すっごく可愛い子です。
こんな後輩いたら可愛がっちゃうよな〜(後輩の範囲内でね)。

対して伊万里は、上の名のとおり、陶磁器のような冷たさを感じさせる、
ものすんごく頭が良くて仕事ができていかにもエリートな奴。
(こういう後輩がいたら畏怖するしかないですね…)

180度違った人間同士で、対立・反駁しながらも、
実は完璧な伊万里が唯一人間らしさを出すのは吾妻に対してだけ、
という使い古されたパターンなのですが、それがおっかしくってw

それは伊万里が、かなりの妄想家なせいです、きっと。
吾妻が同期の子と歩いているだけで勘違いするわ、
手編みのセーター(これは仕方ない?)も勘違いするわ…
とにかく人物の描写が徹底してるんですよね、榎田さんの作品は。
もちろんそれは個性的な脇役たちも同じで、
なんでもお見通しのスーパー才女・キワさま(女性)や、
黙っていれば王子様だけれどどこかつかめない王子沢などなど、
徹底して描写される個性が織り成すコメディは、バッチリです。

いや、人物描写による可笑しみだけでなく、この作品は
エンターテイメントとしての要素が十分です。

たとえば。
違った才能の持ち主2人が見せるリーマンもの、と言う側面。
吾妻は、仕事のなかで自分にはない賢さを伊万里に見て、
伊万里は吾妻の全てに人柄と言う才能を見出す。
無駄にひねらず、素直なリーマンの働く場面がある。
私生活、仕事、全てがあってこそ成立するリーマンものの醍醐味です。

また、会社で起こる、身近な事件を解決する爽快感。
女性にとってはサイアクな「セクハラ」を題材にして、
恋愛と絡めつつ、脇役・女性キャラを総動員して
スカッとする勧善懲悪をみせる心地よさ。
BLって、リーマンものって…いいですね!となること、間違いなしです。


ちなみにこちらの作品はアヅマリシリーズの1巻なんですが、
設定とキャラだけでなんとか走らせとけ、なシリーズではなく、
恋愛とはどういうことかということを、このキャラたちに
沿った形で、魅力的な展開をしっかりと見られる良質なシリーズです。
(質の落ちずに完結したシリーズがどれだけ少ないかは、
皆様ご存知でしょうから言わずもがなですが)

とりあえず、ソリッド・ラブだけでもお手にとって見てくださいね。
そしたら勝手に次の巻に手が…腐腐。

参考リンク
アヅマリシリーズ2「レイニー・シーズン」
アヅマリシリーズ3「オール・スマイル」
| [BL・小説]榎田尤利 | 20:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:45 | - | - |