-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『真夜中の標的』-神崎&那月シリーズ/綺月陣(高座朗) | main | 『仇なれども』/剛しいら(今市子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『殺人の門』/東野圭吾
もう旅行から帰ってきました。ただいまでございます。

旅行中はさすがにBLを持っていくのは気が引けたので、
文庫落ちする前に単行本で1回読んだ『殺人の門』を再読しました。
再読だとあんまり頭使わずに読めるので…。

3年前に読んだ時は、殺意の過程に夢中でした。
が、しかし3年間の間にBLに再燃した私には、
もうBL的な作品としか思えなかった…!
時間は人を変えるのですね…(海を眺めつつ)

東野圭吾のような大御所をBLだなんて!と言う方は、
妄想漏れ気味なので以下入っちゃダメですよ。



殺人の門
東野 圭吾〔著〕 角川書店 (2006.6)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ(裏書きちょいと修正)
倉持修(くらもち・おさむ)を殺そう」と思ったのはいつからだろう。
悪魔の如きあの男のせいで、私(田島和幸)の人生はいつも狂わされ、
そして数多くの人間が踏み台にされた。あいつだけは生かしておけない。
でも、私には殺すことができない。殺人者になるために、
私に欠けているものは一体何なのだろう、人が人を殺すという行為とは…

*   *   *   *   *   *

普通に読めば、倉持と言う酷い奴が和幸をさんざん騙し、
そのたびに憎悪を募らせる和幸の心をたどる、
2人の腐れ縁な関係を読んでいく物語なのですが。
私、腐れ縁と言うよりむしろ腐った関係にしか思えませんでしたw

倉持は確かに(和幸にとっては)激烈に酷い奴です。
何度も和幸を騙し絶望の淵においやる。
でもその傍らなぜか優しい態度もとるんです。
全て切り捨てて生きる倉持が和幸だけは手放さないんです。

なぜ?それは作中でこのような説明がされています。
「捨て石(自分の不幸をひっかぶせる奴)は、
一番信頼のおける人にしておくべきだったから。
そして倉持には和幸しか信頼できる奴がいなかった」と。

もう皆様お分かりですね、
「その説明は信頼っつーより隠れラブじゃん!」
と私の腐った脳みそはその結果をはじき出しました。
それは光合成をする植物のように自然な生産です。

倉持の中のジレンマ、それが全てを説明します。

倉持は貧乏な環境が故に、金持ちの和幸を憎み、つきおとす傍ら、
どうしても捨てられない和幸への過度な愛が優しさになる。
誰でも騙せた倉持にとっては和幸なんていとも簡単に騙せた。
自分の全てを偽り、信じさせることすらできていたのに、
自分の中の和幸への信愛だけは騙せず、相反する態度を繰り返した。
和幸を捨て石として縛りつけながらも信愛を覚えずにはいられず、
不幸と幸福を同時に願い、憎みながら愛していた…と思うと
倉持が嫌な奴だけには思えない…腐れフィルタマジック!

和幸もさっさと殺しちゃえばいいのに倉持の優しさにほだされ、
今度こそは騙されないと決心するのに熱い眼差しや熱烈な要求に口説かれ…
和幸にとっては、彼に目をつけられたことが災難でしょうが、
和幸は人生で誰にも求められてなかっただけに、
余計倉持の愛には弱かったんだと思うんですよね。

ああ、これをBLと言わないでいられようか!
萌えというより悶え。
ふたりともストレートだし、肉体的には何もないです。
でも精神的にはがっつり執念じみたBLの香りを感じます。


そしてお気に入りの萌えシーンたびたびの再会。
ちょっと引用すると、
P.134
「倉持は中学時代よりも、ずっと大人びて見えた。背も伸びていた。
 水泳パンツ姿だったが、細身の身体に筋肉がほどよくついていた。」
P.574
「嘘じゃない。信じてくれ。それとも、俺よりあの美晴(和幸の元妻)のほうが
 信じられるとでもいうのか…(流れ)…この世でただ一人、信用できる男だ。
 そう思っているからこそ、危険を承知でこうして会いに来た。」
倉持は腕を伸ばし、私の手を握った。掌の熱が伝わってきた。…

ね、BLでしょ!?
P.134 はさりげなく和幸が倉持の体をチェックしてるし、
P.574 のシーンなんて、倉持のセリフは嘘だろう、と思うのに
奥さんより和幸に会いに来た上、熱烈プロポーズですよ!
こりゃ騙されるわ!嘘つき攻め×優柔不断受けに決定ね!

…コホン。クールダウン、クールダウン。

作品そのものは暗くて陰鬱な(そもそも殺人ですし)展開ですが、
倉持の和幸への屈折した愛を感じられればBLに早変わりします。

『李歐』とは全く逆の、不幸になる運命の出会いをどうぞ。
| [その他]BL以外の小説 | 20:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - |