-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『殺人の門』/東野圭吾 | main | 『夜に赦される』/英田サキ(山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『仇なれども』/剛しいら(今市子)
こちらの作品は、今さんの表紙に惹かれて買いました。



素敵ですね、ぴったりです。
(中表紙の蛍のシーンも美しすぎる!)
今さんの表紙の本を見かけると、いつのまにか
それが部屋にあるというのはとても不思議です。

ジャケ買いのできる本があるということは素敵ですが、
ジャケ買いして後悔することも多いBL。
けれど、この作品は損しませんでした。
詳しくは、以下ネタバレで。



仇なれども
剛しいら著/今市子 徳間書店 (2004.10)
[Amazon]

☆あらすじ
兄の仇にもう一度会いたい…仇討ちが禁止となった明治四年。
美貌の海軍少尉・鷺沼錦(さぎぬま・にしき)は、仇討ちの時代が終わっても
兄の仇である三橋一磨(みはし・かずま)を追っていた。

三橋一磨は、男子しかいなかった上に、まだ衆道の気風も
薄れていなかった藩校時代、その美貌ゆえに狙われた錦を
陰にひなたに守り、ついには相思相愛の念友の契りを交わした男だ。

だが、一磨は錦の兄を斬り、突然脱藩してしまう。
弟ゆえ、義理の母に仇討ちを命ぜられた錦だが、
兄を殺した理由よりも、自分を置いていった理由を知るために
一磨を追っていたのだ。そんなある日、ついに一磨を見つけた錦だが…

*   *   *   *   *   *

BLで時代ものはジャンルとしてかなり少ないですし、
読んでも面白い!と思えるものも少ないです。

時代考証が大変・時間がかかり、
伝えたいがための筆力がないといけない。
その辺が時代物を敬遠させると思うのですよね。

その点、剛さんは言葉選びと設定が飛び抜けてうまいと思います。

まず、仇討ちという単語がにくい。
念友という、魂の結び付きを根底に置く関係にあった二人が
何らかの理由で対決しなくてはならない…なんてのは、
まあ、それなりにある関係だとは思うのですよ。
しかしその関係を、仇討ちという日本人の大好きな言葉、
そして江戸と明治の時代の狭間で揺れ動く習慣の変化と絡ませて、
思い出と現在を行き来する物語にできるのは、
剛さんくらいじゃないかな、と私はひそかに思います。

剛さんは、時代ものの設定だけに限らず、思い付きさえあれば、
BLに必要な程度の知識をバランスよく、雰囲気を壊さないように
言葉を選んで書くことができるのでしょう。多分。
(その作品が好みかどうかという観点は除き)さすが、
BL界一の著作数と一定の質の高さの水準に驚かされます。

また、雰囲気を醸し出すのも大変うまく、時代に基づいた
フィクションとして登場する藩校の名前や、船名、藩名、
歌舞伎の風俗をいかにもありそうな感じを書くのがうまいんです。
念友、初花(=バージン)というエロス単語まで、
広く時代を網羅しているなぁ…と感嘆。

おっといけない、作品に関しての感想がほとんど無いw

錦と一磨は、モノローグのラブラブっぷりがたまらないです。
腕は強いんだけど念友なんて興味なし、だった一磨が
錦の美貌、素直さに惹かれてしまい、錦に「三橋様」→「一磨様」と
下の名で呼ばせるのに照れて四苦八苦したり、
「兄様」の深い意味を知らない錦に、素直に「兄様」と
呼ばせて下さい、と言われて耐え忍んだり…(笑)
照れ屋な一磨と素直で悪魔な錦がナイスコンビです。
この少年期あってこそののちの青年期の切なさが増します。

仇討ちとは言え、BLなのでハッピーになってしまうのが
少々当たり前の展開過ぎて残念ですが(悲恋も好きだもん)、
総合的に、かなりいい時代物BLに出会えました。
オススメです。
| [BL・小説]剛しいら | 23:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |