-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『仇なれども』/剛しいら(今市子) | main | 出版社に翻弄される日々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜に赦される』/英田サキ(山田ユギ)
秋津と久我の続編が出てすっごく嬉しかったんです。
だから、店頭に買いに行って、サッと表紙を見もせず取って、
レジに出したから気づかなかったの。

秋津の双丘のライン(BLっぽく言ってみる)が見えているなんて事は!

夜に赦される

このイラでも見えますでしょうか、双丘のライン…
ああ、今思うと恥ずかしい!久我さんの本を
上にして…ってどうせバーコード通すときに
裏で分かるか…店員が気にしていなくても
自分が気にしてしまいますね、さすがに。


うーむ、『夜に蘇る』では上半身をさらし、
続編では割れ目をさらすとは…さすが(?)秋津です。

さて、割れ目に動揺してしまいましたが、久しぶりに
英田さんのヤクザを読んだネタバレ感想です。



英田 サキ著プランタン出版 (2006.9)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ(前巻はこちら)
情人・羽生を亡くしてから色褪せてしまった秋津の夜を、
極道の久我は再び悦楽で染め上げた。
久我は秋津にとってはなくてはならない存在となっていたが、
ある日、秋津はある人物から衝撃の事実を知らされる。

『羽生を殺したのは久我だ』と。

憎めないほどに久我が自分の中に入り込んでいる一方で、
秋津の心はどうしても衝撃的だった事実と、それを久我が
今まで明かしてくれなかったことに深い傷を受ける。
そのため秋津は、恋慕を押し殺し、一旦久我から離れることに…

*   *   *   *   *   *

久我の軽口と秋津のそっけない会話がこのシリーズの
一番面白いところだと思っているのですが、健在でした。
そして、久我のアホっぷりとバッチリ決めるところは決める、
そのバランスが可愛い男だな、と今回も思いました。
無精ひげの生えた久我のイラストは最高です…!
ラテン系脳みそでも秋津が結局惚れちゃうのも仕方ないかと。

けれど、今回の秋津にはちょっと残念なところが。

吹っ切ったはずの羽生に関して動揺してしまうのは仕方ない。
久我との距離を置いてしまうのも判る気がします。
もしどんな理由があろうとも、昔の恋人を殺したのが
今の恋人と知ったらねぇ…そりゃ、複雑ですよ。

じゃあ何が残念なのって、ラストの決断なんです!
久我とともに生きていくっていう決断は、私にとっては
嬉しい決断だったのですが、なんでそこで一番嫌っていた
ヤクザの世界に入ってしまうのかな…。

なんとなく言いたいことは分かるのですよ。
羽生と関係があった頃はヤクザの世界に染まることは決してなかったし、
羽生が死んでからよりヤクザの世界は憎むべきものだった。
なのに久我と生きるために、ヤクザの世界に踏み込むという決意が、
秋津の決意の強さを表していることぐらいは。

でも、いくら久我への思いが強いとは言え、ヤクザの世界で
共に生きることが最良の選択なのかしらん?
探偵を続けながら、夜は久我と思う存分…という選択では
いけないのかな…久我と生きる=ヤクザの部分までも支える、
というのはなんとなく感情的に割り切れないのです。
まあ、その決断が羽生のしがらみから「赦される」ことの
象徴なのかもしれないですけどね、うーん…。

なんとなくもやっとしたまま読み終えてしまいました。
完結編とのことですが、個人的には、久我編と勝手に呼ばせて頂きます。
このラスト肯定派の方からのご意見お待ちしております…。
| [BL・小説]英田サキ | 21:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - |