-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 正夢ではないけれど | main | 『DEADLOCK』/英田サキ(高階佑) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『イケてる男の育て方』/剛しいら(CJ Michalski)
この作品のタイトルを見て、一条ゆかりさんの作品である
『おいしい男の作り方』というタイトルを思い出しました。
(こちらもなかなか面白いのでオススメです)

そして、裏の絵を見たとき、剛しいらさんのトンチキ系か?と
危ぶんだのですが、これが意外とツボで面白かったのでご紹介。

ちなみに、裏の絵はえーとなんですか、受けが胸から腿まで
肌色をさらけだし、胸から大事なところまで白いクリームが
塗られているという…ちょっと恥じらう乙女には厳しい感じです。
私は恥じらわない男なんですけどね。

それでは以下ネタバレ感想です。




イケてる男の育てかた!
剛 しいら著オークラ出版 (2002.2)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
橘薫
(たちばな・かおる)は顔も頭も家柄も優れているが、
1つだけ悩みがあった。それは、男しか愛せないこと。
また、それを材料に脅す従兄弟の和真との体の関係は憂鬱の種だった。

ある日、和真ともう別れたいと言った薫に、和真は自分より
いけている男を彼氏として連れてきたら別れてやる、と言う。
薫は偶然出会ったデブでオタクな本間丈太郎(ほんま・じょうたろう)を
和真と別れるためにイケてる男に育てることにした。

丈太郎に恋愛感情などなかったはずの薫だったが、
丈太郎がだんだんいい男になるにつれ、また、
中身も十分優しくて誠実な男であることがわかり…

*   *   *   *   *   *

『変身させたら実はお買い得な男だった』は、お約束として。
デブ!ですよ!デブは木原音瀬さんの『Don't worry mama』以来です。
デブ絵が登場するのは実ははじめて見たかも。
しかも黒縁メガネ、せり出す腹、チェックシャツ、と
BLにあるまじき…いえいえ、独特なシチュエーション。

もちろん、そのデブがツボだったというわけではありません。
変化したほうの丈太郎がツボだったんです〜w
というのも、薫が丈太郎を自分の好きなタイプに育てようと
するのですが、薫と私の趣味が一致しておりまして…
よく言えばワイルド、ややもすれば本物タイプ。
そうなんだよ、わかってるねぇ剛しいらさん!(何様だ)

これが優男に変身するお話だったら、中身が大切だよね…と
主題どおりの感想を持っていたに違いないのですが、
自分のタイプだったので、人間顔も大事だよね!と
主題と全く逆の感想(妄想)を抱いてしまいました。
私も薫曰く『おっきいテディベア』みたいな丈太郎が欲しい!
あ、デブ専ではありませんので、あしからず。


もうひとつ、ありがちな変身ものでなかった独特さ、それは薫の成長です。
ゲイということをばらされるのが怖くて従兄弟の和真に
つき合わされていた薫ですが、丈太郎を育てるにつれて、
自分も変化しなくては、と感化されていくのです。

人を育てる、人に教えることをすると、逆に自分が
教えられることってかなり多いですよね。
そんなふうにお互いに成長できた薫と丈太郎って
とても素晴らしい出会いだと思います。

もちろん、育てるのは外見だけでなくてセックス関連もですが、
これが丈太郎の食い意地が出てとっても面白いです。
あのゼリーをそのゼリーと間違えるだなんてw
こういうところで人柄を書けるのって凄い。


以上、なかなか楽しんで読むことができました。
デブ、オタクというところに引かないでよかったと思います。
引きかけた人にも、もちろん興味もたれた方にも、オススメです。
| [BL・小説]剛しいら | 23:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |