-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< めずらしくよそ様の宣伝です 「腐ログ。&萌えプレ ボーイズラブアワード2006」 | main | 【BLキャラ連想バトン】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『陰陽師葦屋道満 天の巻・地の巻』/剛しいら(水上有理)
本日2本目の記事は、榎田尤利祭りも終わりましたところで、
剛しいらさんの(偽?)時代物です。

そうそう、お伝えしておりませんでしたが、先日、
復刊ドットコムでの剛しいらさんの名作『座布団』の
復刊投票がついに100票を越えました!

望みは薄いですが、もしかするともしかするかも、と
いう期待はあります。0%でないと言うことが大切ですよね。
気長〜に待ちましょう。

横道にそれましたが、それでは今日のネタバレ感想です。
※天の巻と地の巻は上巻・下巻です。



陰陽師葦屋道満 天の巻
陰陽師葦屋道満 天の巻
剛 しいら著 光風社出版 (2001.9)
[BK1 在庫なし] [Amazon]

陰陽師葦屋道満 地の巻
陰陽師葦屋道満 地の巻
剛 しいら著 光風社出版 (2002.1)
[BK1 在庫なし] [Amazon]

☆あらすじ
現在とは違う、魑魅魍魎がはびこる世の平安時代。
頼りにされていたのは高い通力をもつ陰陽師達だった。
もちろん陰陽師の仕事は魑魅魍魎を払いのけるだけでなく、
政治権力から日々の吉兆まで、いわば貴族の生活の根幹までだ。

桜庭中将政満の家人・前田友則(まえだとものり)は
主・政満の恋の願いを叶えてもらおうと、当世一と謳われる高い通力が
あるのに、宮中に関わろうとしない陰陽師・葦屋道満のもとを訪れる。
その願いの対価として葦屋道満は、「一夜、身を捧げ」と友則にせまる…

*   *   *   *   *   *

すごく設定(身を捧げる、中将の願いなど) はBLっぽいんですけど、
全体的にBLっぽくないんですよね…裏書きでカップリングが
よくわからないんだもの。(※葦屋道満×前田友則ですよ)

と言うのも、上下巻なのにすでに1話目でカップリングが
成立して、あとはそれを組み込みつつ、陰陽師としての
仕事を中心にした怪奇ものとなってしまうからだと思います。
さしずめBLと陰陽師(現代もので言えば探偵ものの探偵パート?)と
ラブシーンのパートの比率がBLっぽくないんですよねw

BLっぽさが平常より少ない分、陰陽師パートの話の面白さが
重要になってくると思うのですが、これが、面白い!

探偵ものと違って現代ではないからストーリーに変化が出ますし、
何よりあやかしという装置を使える分、何でもありになります。
(人間に化ける犬が出てきたり、蟲を使ったり…)

けれどそれは荒唐無稽で「はあ?」というわけではなく、
人ならざるものの存在が、時代とあいまって
とても自然な現象、生き物に見えてくるんです。
剛さんのバランスの良さ、筆力のおかげでしょうか。

そして、BLにとどまらぬ人の情噺のうまさは、
座布団や花扇にも通ずる剛さんの魅力があります。
それは、良い人も悪い人ももののけも、単なる役割としての
存在として描くのではなく、それぞれに思考を持つ
生物として描かれるからだと思います…。


また、天の巻のラストから地の巻にかけて、かの有名な陰陽師、
安倍清明も登場しますが、なんと妖しい美少年の悪役として登場です。
陰陽師がBLで初なら、葦屋道満 v.s. 安倍清明を書いたのも
陰陽師ブームの中では剛さんぐらいではなかろうか…
そういう設定も架空時代ファンタジーならではの楽しさですよね。

ほんとクリスタル文庫は出版数は少ないけれど、
いい仕事していると思います。BLでももっと特化した
レーベルが出るといいと思うのですけれどね。(エロ以外で)

残念ながら絶版ですが、比較的手に入りやすい模様ですので
見つけたら手にとって見てくださいね。オススメです!
| [BL・小説]剛しいら | 21:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |