-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『イケてる男の育て方』/剛しいら(CJ Michalski) | main | 『執事の特権』/榎田尤利(佐々木久美子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『DEADLOCK』/英田サキ(高階佑)
刑務所ものというと『箱の中』のイメージが強すぎて、
買ってから1ヶ月近く放置していたこの作品。

英田さんだけに、はやりにのっちゃえーな展開は絶対ない、と
思いつつ巷のアラブもののように似たり寄ったりだったら
どうしようかと思ったのですが…ぜんぜん違いましたね。
(あらすじ読めって…)
むしろ『刑務所』というシチュエーションなら、
こちらのほうがインパクト強いような気がします。

Amazonでは評価が分かれているようですが、
私としてはかなり楽しめたので、ご紹介をばいたしませう。




DEADLOCK
英田 サキ著 徳間書店 (2006.9)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
麻薬取締局捜査官ユウト・レニックスは、同僚を殺したとの容疑で
逮捕され、冤罪で凶悪犯が多く収監される刑務所へ収監されることに。
しかし、ユウトにとってはその刑務所への収監は計画されたものであった。
ユウトはFBIとその刑務所の中にいる危険人物を
探し出せれば即釈放すると契約したのだ。

しかし、刑務所の中で起こっていたのは性犯罪や人種差別の渦巻く世界。
厳しい環境の中でも必死にある人物を追い求めるユウトだが、
端整な容貌と長身の持ち主でギャングも一目置く同房のディック
突然キスをされてしまう…!

*   *   *   *   *   *   *

ハリウッドの続き物映画見たような感覚です。

理由1・派手。良くも悪くも一つ一つが刺激的です。
痛ましい事件はたくさん起こりますし(特に性関連)、
軽く人が死んでますし…でも刑務所の中だから、
これがある意味自然なように思えてしまう‥怖いなぁ。

理由2・みんな良い男。
いい男がたくさん。ディック(金髪碧眼)はもちろんのこと、
商売人のミッキー(イタリア系でかっちょいいの!)。
明るさを添えてくれていたマシュー。
チカーノ(メキシコ系アメリカ)のリーダー・リベラ。
個人的には褐色の肌に無精ひげに短髪のリベラが
ディックより好みだったりします。
(まあ、リベラ好きになったのは挿絵の方の力も多大にあるのですがw)
まあ、それくらい個性的で魅力的なキャラがいるということです。

理由3・ちょっとだけのラブシーン。
ディックとのHはかなり短いですが、濃厚です。
FLESH&BLOODや毎日晴天がOKなんだから
CHARAとしてはまあ、OKでしょう。
余談:ディックってアメリカのスラングで○○○のことですよね。
ディックのディック…と思ったら噴き出してしまいましたw


理由4・ある程度の決着はつけるけど余白は残す。
一応ユウトはある人物とやらを探し出すことができて、
当初の目的は果たすのですが、結局逃げられてしまい、
刑務所を出ることはできたものの、まだ追い続けます。
ディックもある理由からユウトの追う人物を追っており、
脱獄してその人物を追います。
この先2人が如何にして出会うのか…気になる!

というか続きを読みたい、と思わせるこの終わり方は
はなっから続きを書く予定だったんじゃないでしょうか。
そう考えるとまだ判明していないあれこれを拾いつつ、
次の巻でうまく消化される可能性はあると期待しています。

ただ、そうすると今回の登場人物たちが1回きりの登場に
なってしまう可能性は高いですよね?
ミッキーやらリベラのその後はないのでしょうか。
もったいない…というかリベラ出してくださいお願いします。

理由5・なんだかんだ言って、2時間は楽しめるw
別の世界に行ってましたよ私は。

また、ハリウッド風の印象に大きく貢献したのは挿絵です。
カラーイラストも顔も綺麗に書いてるんですけど、胸筋や血管、
腕の筋肉のちょっとした盛り上がりとかが、すごく男なんですよ!
雪舟さんの絵に無骨さを足したような感じで…大好きですw


ハリウッド風だからといって大雑把に作られているわけではなく、
そこは英田さんですから痛い事件や設定がOKなら、
十分楽しめる価値がある作品だと思います。

次巻が気になりますね〜!…リベラが(しつこい)。
| [BL・小説]英田サキ | 21:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:26 | - | - |