-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ソリッド・ラヴ』アヅマリシリーズ/榎田尤利(高橋悠) | main | 11月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『きみがいなけりゃ息もできない』/榎田尤利(円陣闇丸)
第三弾は、こちら。マンガ家シリーズの第一作です。
(最近リブレ出版でも特集されていたやつです)
シリーズとはいえ世界が同じなだけで、主人公が
一作ごとに変わるスピンオフ連続系のシリーズですけどね。

11月に新装版が出るとのことで、旧版がオークションでも
Amazonでも、一気に値が下がりましたね〜。いいことです。
普通に欲しい本が手に入るということは。

ですから、魚住君シリーズのメモリアルも早く復刊して欲しいと
思うのですが、どうなんでしょうね進展は…。

ではもうすぐの新装を記念して、ネタバレ感想と参りましょう。




きみがいなけりゃ息もできない
榎田 尤利著 ビブロス (2003.9)
[BK1]在庫なし [Amazon]
[Amazon] きみがいなけりゃ息もできない [新装版]

☆あらすじ
ごく限られた一部に熱心なファンがいるかもしれない、売れない
マンガ家「豪徳寺薫子先生」、通称ルコちゃん先生こと二木了(にき・りょう)。
生活能力が赤ん坊なみの二木を放っておけないアパートに隣室に住む
幼なじみの東海林達彦(しょうじ・たつひこ)は、
文字通り衣食住の面倒を見てやっているばかりか、
マネージャーのように二木にはっぱをかけていた。
そんな折、二木にメジャー出版社での掲載のチャンスがやってくる…

*   *   *   *   *   *

とにかく、ダメ!ダメ!誰がって、豪徳寺先生(以下ルコちゃん)が!
しょっぱなから東海林が出張していた間に散らかっていた、
というか片付ける感覚が存在しない部屋のひどさ!
乱雑に存在する生ごみ、カップめんの容器、雑誌、衣類に
加えてあの「黒いインセクト」まで出没する始末…。
ああこんな部屋耐えられない!(潔癖ではないけれど汚いの嫌いです)
榎田尤利さんの描写力をこんなときは恨みます。

わりかし榎田尤利作品にこの傾向の受けはいます。
たとえば『誓いは小さく囁くように』や、『名前のない色』など、
どこかしらダメタイプの受けと、世話を焼く攻め。
榎田尤利作品ではそれなりに多い設定なのかもしれません。

が。しかし、ここまでダメダメな大ダメ(言いすぎ?)な子は
初めてです…東海林と出会うまでどうやって生きてきたのか、
それが今でもちょっと謎です。

そんなルコちゃんを支える東海林。なんでルコちゃんを
支えなきゃいけないんだ、と思いつつ、ついおせっかいを
焼いてしまうのは…BLのセオリーなんだな、この辺はw
タイトルどおり甘々な相依存振りがかえって清々しいですよ。


実はこの作品で一番気になるのはルコちゃんの作品です。
実生活では幼児並みで役に立たないダメダメちゃんですが、
それでもそれくらい変なほうがよい作品が生まれるのか、
マンガの才能は…ディープなファンにとっては凄いらしいです。
すごくルコちゃんのマンガが読んでみたい…!

マンガと小説という表現の違いはあれど、やはり
創作をする榎田尤利さんの小説家としての実感が、
ルコちゃんの創作活動の中の描写に貢献しています。
榎田尤利さんはどちらの執筆タイプなんでしょうね?
…ルコちゃんタイプではないだろうなぁ…。

使用上の注意:この作品は夜中に読みませんように。
東海林の作るホットケーキが食べたくなりますから!
ルコちゃん曰く、(以下一部抜粋します)
「…これっぽっちもムラのない焼き色で、フッカフカで…
半分溶けたバターがてろりん…メープルシロップがたっぷり…
ふわふわのケーキ生地にジュッって染み込んで…」
書いてる私が食べたくなったので皆様にもお裾分けですw


マンガ家シリーズでは一番面白いと思います。
持っていない人は新装版をお楽しみに〜。
| [BL・小説]榎田尤利 | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - |