-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 近しい仲にも萌えはあり | main | 図書館&古本屋の謎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『普通の男』『普通の恋』/榎田尤利(宮本佳野)
ちょうど1週間、そして第五弾と切りがいいので、
1周年記念はこの三年越しの続刊がやっと出た、
普通シリーズでしめましょう。

榎田尤利さんの本の感想は、シリーズをまとめて
書いてしまったものを含めれば、これで28・29冊目に
なるのでしょうか?一番多く書いているだけはありますね〜。

コンプリートは気分屋なものですから難しいと思いますが、
これからも増やしていければな〜と思います。

それでは締めくくりの感想です。



普通の男(ひと)
普通の男
榎田 尤利著 光風社出版 (2003.11)
[BK1][Amazon]

普通の恋
普通の恋
榎田 尤利著 光風社出版 (2006.11)
[BK1][Amazon]

あらすじ(普通の男のみ)
ある夜コンビニでラス1の赤飯おにぎりを譲ってくれた親切な会社員。
それは偶然にも再就職した出版社で花島光也(はなじま・こうや)の
企画にケチをつけた営業の的場宗憲(まとば・むねのり)だった。
面接の際に編集経験を聞かれ、つい経験があると答えたが、
実は元デザイナーで編集経験はなかった花島に
的場は基本から指導してくれ、次第になつくようになる。
そんなある日、的場とゲイバーに行く羽目になり、
そこで「僕たちは普通の男なんです」というと、
ママから「普通?普通って何?」と問い返されてしまう…

*   *   *   *   *   *

BLでは、男同士の恋愛は至って普通のことですよね。
まあ、私にとっても普通のことなのですけれど、
主人公たちの主観にとってはそれは普通ではありません。
描かれる彼らはへテロの性癖であることが多いからです。

普通、ヘテロはゲイという存在を知っていても、
自分はそう簡単に男とセックスできる人間ではないと
知っているため、登場人物たちにはその普通に対して
葛藤をして頂かないと読み手としては納得できません。
(最近は葛藤しない人たちも多いですが)

そのBLにつきものの葛藤を、とことん
追求してしまったのが『普通の男』です。
焦点は、男同士で恋愛をするということだけであり、
他の葛藤(家族とか、環境とか)は一切絡みません。

感情を認めるまでの葛藤、それだけを描いた作品なので、
正直ストーリーが物足りない人もいるかもしれませんが、
男同士の葛藤、それはBLの起点であり、葛藤の無い
やってるだけのBLなんざ比べ物にならないくらい面白いです。

「普通」とはなんなのか、自分の認識を考えさせられる作品です。

ただ、BLと呼んでいい作品なのかは迷うところなのですが。
カップルのHシーンが一切無いからねぇ…読みたいねぇ…と
思っていた人が私のほかにもたくさんいたらしく(笑)、
続編が熱意で出ることに。その続編が、『普通の恋』です。

こちらもBLの基本ともいえる、勘違い&すれ違い話で、
普通の恋なのですが、1人1人にとっては特別な恋である、と
いう趣旨にふさわしいストーリーでした。
その辺は読んで確かめて頂ければ良いかと思います。

また、ストーリーは勿論、Hシーンのリアリティがすばらしいw
意識して朝チュンにした作品以外で、挿入をしない
セックスがあっただろうか、いや私の記憶には無い。
Aセックスが最終目的としたBLの「普通」に逆らうかのように、
普通の恋を描きながら、普通でないBL、そんな作品です。

It's ordinary love, but very special and perfect love for us. (表紙より)
それは普通の恋、けれど、全てがとても特別な恋。
本当はもっと書きたいことがたくさんあるのですが、
この一言に尽きます。…人間は恋をしたい生き物ですね。


リーマンものとしても楽しめる1冊だと思います、
このリアリティさをぜひセットでお読みくださいませ。

P.S.
先日コメントがあったように、紺屋春彦とそのお相手が、
普通の恋に登場します。相変わらずのようでうれしい限りですw
| [BL・小説]榎田尤利 | 20:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:26 | - | - |