-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年3月新刊購入予定リスト | main | 『ファイナルカット』/水壬楓子(水名瀬雅良) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
寿たらこさんの挿絵ノベルス
2006/11/19 追記。2007/1/10 追記。2007/2/21 追記。

待望の来月の新刊・S『EX PISTOLS 5』を勝手に記念して、
夏目イサクさん(その記事に飛びます)に続き、
寿たらこさんの挿絵本をピックアップしてみました。

と、決めたのは良かったのですが。
寿たらこさんはこんなに人気があるのにサイトが無く、
情報があまり得られず…探せるだけ探しましたが、
おそらく完璧ではないので、他にもあるようでしたら
教えて頂けると助かります。(必殺他力本願)

それでは一口メモとご一緒に出版順でどうぞ。




1・『健気なシンデレラ・ボーイ』/葵ゆきの

葵ゆきの著 イースト・プレス(2003.4)
[BK1] [Amazon]

おそらく、寿たらこさんの挿絵でなければ読まなかった1冊(苦笑)。
あらすじは『受けが母の再婚を機会に、独立しようとしたら
反対されたところ、母の再婚相手の友人で実業家の攻めに
予行演習ってことで住み込みでバイトの提案が…!』
…あとはご想像通りかと。
口絵と挿絵が超エロティックなんですよね〜。
ま、表紙でお尻さらしてるくらいだから仕方ないです。
個人的には母親の再婚相手の絵が大好き(ひげオヤジだから)。

2・『華火咲いた!』/剛しいら

剛 しいら著 ビブロス (2003.8)
[Amazon]

ビブロスですから、絶版ですよ…(マーケットプレイスにはあります)
あらすじは『新人花人師・星次郎は染物店の若旦那・染矢に惚れているが
その染矢の元に、元恋人で星次郎の兄、貴一が九年ぶりに現れ…』
BLで花火師が登場するのはこれだけじゃないでしょうか?
要素が詰め込みすぎた感があり、1冊でまとめてしまうのには
勿体なかったですけど、全体的には面白かった作品でした。
ぜひ夏に読んで頂きたい作品です。
1の『健気な〜』よりはエロ低めですが、タンクトップの
星次郎と着物の染矢はフェロモンぷんぷんです。

3・『少年はスワンを目指す』

榎田 尤利著 ビブロス (2004.5)
[Amazon]
記事あり

こちらはもう記事があるから内容はいいとして、
挿絵について言うと、ばっちりぴったりでした。
コメディチックと言う点でも、バレエ=人間の骨格の
デッサンの実力が浮き出るテーマとしても、です。
残念ながらこちらもマーケットプレイスのみですか…。


2006/11/18現在、見つかったのはこれだけ(しかも全部読んでた)でした。
もし他にあるようでしたらご一報くださいませ。お待ちしております。

11/19追記分
昔教えてもらった作品がありました。
4・『おしおきは愛をこめて』

名倉和希 

名倉 和希著 ビブロス (2002.3)
[Amazon]

2007/1/10 追記!
こちら、入手して読みました。なんとSMもの。
あまり相性の良くない(ありきたりのものが多いし…)SMですが、
なかなかありきたりでない設定で面白かったです。
受けがSで、今までSM的なセックスでしか相手を愛せなかったのに、
段々と攻めの愛情によって普通のセックスもできるように…と言うお話。
この設定は見たことありませんでしたね〜。山田くん、座布団1枚!
肝心のたらこさんの絵はと言うと、エロス!ダイレクトに!
これはたらこファンは必見の価値ありざます…。

2/21 追記分
5・『Fittin finger lovers』
tarako
高月 まつり著 オークラ出版 (1996.8)
[Amazon]

高校生デザイナー×ショーのプランナー。
10年以上前の本で、ようやく見つけて読んだのですが…
はっきり言って、辛かった!とにかく読みにくくて。

受けの空回り具合に辟易し、攻めの語尾がほぼ
のばし+リーダ(例:「〜したくねー……」)で終わるために
ぶつぎれ感が強く、テンポが悪いのに、会話文が多いと言う悲劇。
「苦しくったって悲しくったって最後まで読む」が
ポリシーの私もさすがにめげるところでした。
(だけど涙が出ちゃう…男の子だけど)

これが高月さんの作品とはねえ…時間の流れを感じます。
たらこさんのPNも前の海老ゆう太でしたもの。
挿絵さんが異なる文庫のほうは加筆修正されていると
思いますので、そちらを読んだほうが無難だと思います。

6・『天地の果てで見る夢は』
tenti
江上 冴子著 光風社出版 (1998.10)
[Amazon]

こちらも幾分か古め作品ですね。
June の黄昏時の作品で、社長×青年のどっぷり不倫ものです。
June って不倫が今よりも多かった気がする…。

攻めは受けを愛することで、さんざんな目にあいます。
奥さんが愛に狂うわ、会社は傾くわ…結局何もかも
失うところがBLっぽくないよな、と時代を感じました。
でも、全てをなくしても止められない思いを
激しく描いていてなかなか熱中しました。

他の本も見つけ次第追記したいと思います。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |