-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『君がいなけりゃ息もできない 新装版』/榎田尤利(円陣闇丸) | main | 挿絵について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『また あした』/町屋はとこ
またあした〜 ま〜たあ〜し〜た〜
いいな いいな〜 (テンポよく)BLっていいな〜

良い子の番組のエンディングテーマのパクリを
こんなところで使っちゃって済みません。
でも一回頭に浮かんだらずっと離れなくて…。

さてこの作品、このメロディにも似た、ほんわかなお話でした。
ただし、お子様には相応しくないエロスがもれなくついておりましたがw

ではでは、以下ネタバレ?感想です。




また あした
町屋はとこ リブレ出版
[BK1]
[Amazon]

表紙をぺらっとめくった瞬間、褐色と肌色でした。
大事なとこ隠してるけど表紙とのギャップにびっくり。
あ、レーベルがスーパービーボーイでしたね。なら納得です。
肌のこの手塗り(たぶん)の色使いと質感は好きだなぁ。

さて、しょっぱなから度肝を抜かれましたが、
内容に関してちょこちょこっと感想を交えつつ。

『また あした』『あしたのつづき』『引っ越し』

☆引越し中に部屋に積んだ荷物が落ちかけてきたところを
運送業者の兄ちゃんにかばってもらったリーマンの木下。
木下(ゲイ)はその兄ちゃんに一目ぼれしてしまい、
ケガのお詫びにと約束を取り付けようと四苦八苦するが…

親切で気の良い兄ちゃん×空回り系リーマン。
私にしては珍しく、受け中心に楽しませて頂きました。
というのも、この受けがね…変なキャラなんですよw

無理に年上ぶろうとして「うむ…」を連発し、
かと思えば「もっと…奥まで…」と若い男を魅了する
誘い受けをマスターしていたり、とにかくもう、
あんまり見たことの無い受けキャラでしたw
自ら「イチモツ」と言う受けも初めて見た気がします。

1話目はまだ絵が硬いというか、ぎこちないのですが、
2話目になったら急に画力が上がっていました。
2話目以降は描き下ろしで、1年以上経っているようですね。
そりゃ絵も変わるってもんです…悪い方向には
行っていないですし、その分表現も豊かになっていてグー。
とくに『引っ越し』はサイレント漫画なのですが、
台詞がなくとも力量を感じさせる読み応えで、
これからを非常に楽しみさせてくれたシリーズでした。

『ア・ロット・オブ』『愛は降り積もる』

押せ押せゲイリーマン×逃げ腰先輩リーマンのお話。
また受けが一風変わった性格…こいつの
「おまえにぴったしのナイスガイナイスゲイを見つけてくれ!」
というセリフに爆笑してしまいましたw
ゲイとしては失礼とも思えなくも無いのですが、なぜか許せる…。

また、こちらも同じ要素で誘い受けとしての才能もあり、
「俺を愛せるだけのエネルギー量はあとどれだけある?」なんて
タイピングしてて恥ずかしいことをのたまいます。
せりふまわしにオリジナリティがあるな〜と思ったシリーズでした。

『やっかいな恋と君』『やっかいな境界線』
微妙にミステリっぽいタイトルですね(厄介な故意と君…なんてね)。
内容はそれとは一切関係なく、部長に淡い片思いの部下・藤井と、
さらに藤井を好きな榎木田が迫る、というあらすじ。
ちょっと似ちゃってますね、2つ目のシリーズと…
このタイプが町屋さんの嗜好らしいです。

とくに1話目はコメントないのですが、描き下ろしの2話目、
○○○シーンはとても良かったです!
そう、疲れるんだよね!でもやめ時がわからんと言うか…
そんなところにばっかりうなずいてしまった作品でしたw
体位の変遷の仕方や、キスをしているときの舌の見え方などが
とても自然でかつリアリティがあり…つぼを心得ておるのう。
あ、口調がうつってしまったわ。


やや筋骨たくましくかっちりとした絵と、
ほんわかした和やかな雰囲気づくり、
そして丁寧にして濃いHシーンの見せ方。
この魅力は、なかなかないオリジナリティです。

また違うテイストのお話が読めればなおいいですね。
町屋さんにはぜひこの路線で行ってほしいものです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |