-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 挿絵について | main | 【BL作家バトン】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『君が誰の隣にいても』/月上ひなこ(山田ユギ)
ここんところ、少し悲しい読書が続いていました。
例・1:『「〜」とAは思った』という文があったが、
どう考えてもAの主格が間違っている。
例・2:「納得できないんだ」と著者は書いたのであろう文が、
「納得できなんだ」と時代劇のようになっていた。

ある程度の誤字脱字は致し方ないとしても、
会話文に関する箇所でミスがあると萎えてしまいます。
「できなんだ」は大学生ものだったので余計に…
自分も誤字脱字に気をつけねばなぁ…と思いました。

そんな中、唯一面白かったのがこの作品でした。
いつもよりネタバレ多めですが、以下ご紹介です。




君が誰の隣りにいても
月上ひなこ著 幻冬舎コミックス (2005.11)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
江戸友禅の新鋭作家・日比野佑一(ひびの・ゆういち)の店へ
ある1組のカップルが訪れた。人気作家の佑一は新規の依頼を
受けている余裕が無いため、断ろうとしたところ、
そのカップルの男は六年前に別れた久生暁也(くりゅう・あきなり)だった。
当時美術教師だった佑一は、暁也の強引なアプローチで恋人になったが、
彼の将来のため、結婚すると嘘をつき別れたのだ。

そんなことがあり、一方的にふった佑一は罪悪感から依頼を受けてしまった。
それを取っ掛かりにして、いまだに佑一を恨む暁也は
佑一のもとになんだかんだと訪れてくるようになり…

*   *   *   *   *   *

あらすじだけ読むと、佑一がとんでもなくやな奴なのですが、
実は、暁也はいいとこのおぼっちゃんで、跡継ぎなんです。
しかもそれを告げられたのは暁也の母親から、です。
いわゆる「アンタがたぶらかしたんでしょ、別れて!」と
家族が出張ってくるストーリー
なわけです。

で、ほんとうに好きだったのに別れたもんだから、
佑一はいまだに思いを引っ張っているわけなのです。
暁也も暁也で、突然の別れだったわけで、いまだに
佑一のことを思っていたわけです。

しかし、佑一には晃という息子がいるんです。
ここがさらにどんどん話を暗くしていって…

まとめるとめっちゃめちゃ昼ドラっぽいですね!

しかし昼メロ=ドロドロが小学生の頃から大好きだった
私(いやな小学生だ)としては大好物です、こういうの。
木原音瀬レベルまで行くとドロドロの重さがこっちにも
のしかかってきて重くて目を背けたくなるのですが、
この重さだと「あら大変だね〜、ふんふん、で?」
うなずきながら楽しく読み進めてしまいました。
あ、これ、褒めてるんですからね!

しかも佑一がすべてを告白するシーンではしっかりと
泣かせてくれちゃって…泣きながら佑一が告白するのですが、
この場面のユギさんの挿絵がすんばらしい!
ユギ絵でドロドロもいいものですね。

よく考えたら自分で振ったくせに6年も引っ張ってる男と
振られてグレて遊びまくったけど元鞘に戻りたがる男だから、
現実にいたら凄くうっとおしいかもしれませんが…
暗さというか、うじうじさが徹底していて良かったです。

もったいなかったのは友禅作家という仕事の設定でしょうか。
特に終盤は単なる逃げ場になっていただけなので、
もう少し仕事の面で深さがあればいいなと思いました。

切なくて、ドロドロで、年下攻め、と個人的に
かなり好きな設定だったので萌えました。
同じご趣味をお持ちの方にオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |