-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【BL作家バトン】 | main | ほぼBL的日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『紳士の甘い誘惑』/高尾理一(しおべり由生)
恥ずかしい!
BLを読んでいることが恥ずかしいのではなく、
このタイトルを打っていることが恥ずかしいです。
恥ずかしいタイトルを打つ=こちらもいったん打つときに
その単語を想起するので恥ずかしくなってしまいます。

コメディ作品などに見られる「イジワル」「イケナイ」なんて
単語を打つときなんて考えただけでも恥ずかしいです。
そんなのって私だけでしょうか…。

さて、今日の作品はトンデモよりのご紹介になります。
よろしければ続きへどうぞ。




紳士の甘い誘惑
高尾 理一著 オークラ出版 (2006.9)
[BK1] [Amazon]

あらすじ
外資系企業の通訳担当である陸斗の前にある日新しい上司がやってくる。
上司の名はアレックス。なんと半年前出張先で火遊びをした相手だった。
関係を続ける気は無い陸斗だが、アレックスは事あるごとに迫ってきて…

*   *   *   *   *   *

はいっ、いつになく短いあらすじですねー。
いいんです、あらすじになど今回私が
コメントしたいところは無いので(ひどい)。

では何が書きたいのかと言うと、高尾さんの描写の謎についてです。
感想を書いている作品以外にも、何冊か高尾さんの
作品を読んでいるのですが、いまだにつかめません。
それは特徴がないということではないのです。
突然、「え?こういう描写が入るか?」という謎なのです。

たとえば、この作品での例を挙げます。
まあ、プリズムですから性描写が濃い目なんですが、
その性描写でもこれは書かんだろ!という文が突然入ります。

P.97 アレックスが陸斗の匂いをかぎながら言うシーン
「爽やかですけど、汗の匂いがしませんね。ぼくは石鹸や
シャンプーより、あなたの汗の匂いに興奮し…」
P.206 同じく抱き合いながら。
「僕のためにきれいにしてくれるのは嬉しいですが、
ぼくはむしろ、あなたの汗の匂いに興奮し……」

どっちも大切なシーンなのですよ、一応!なのに
汗の匂いのほうが興奮する、なんて言う攻めがいたか?
しかも二度も言わんでもっ!!
これ、BLですよね…?なんというか…こっち側くさいぞ。

それから、地の文でも。
P.118「男を貪り食っては干からびさせる魔人みたいに言うのはやめてほしい」
P.209「金髪のアレックスは黒い体毛がたまらなくセクシーに感じる」

現実感というか、BLの中に埋もれた庶民感覚というか…。
抜き出すとわからないかもしれませんが、突然、ある意味リアリティ、
言い換えると身近すぎる描写が飛び出て、目に付いてしまうのです。

文の上手い榎田さんの場合、美しい文や比喩があって、
そこが輝いて見えて目を引きます。
が、高尾さんの場合はそこだけ突然虚構の中から
(ある意味)リアリティが飛び出して目に付くというか。

独特な描写といえば非常に独特なのですが…
これが面白いんだか面白くないんだか、
いまだにつかめないのです。

今まで読んだ作品も、ときたま「おっ!」という描写が
あったのですが、個人的には本作ではさらにそれが顕著でした。

お話としてはとにかく文字通り攻めて攻めまくる攻めと
中出しされるのが大好きな受けのオフィスラブなのですが、
そんなことはどうでもいいくらい高尾さんが謎で仕方ありません。
それこそが高尾さんの狙いだとしたら完璧にはまっていますが(笑)

もうちょっと高尾さんについては読む必要がありそう…。
高尾さんの描写が気になるかたにのみオススメ(?)。
| [BL・小説]高尾理一 | 22:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - |