-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ほぼBL的日記 | main | 『コイノイロ』/上田規代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『君にもわかるISO〜許可証をください!5』/烏城あきら(文月あきよ)
感想を書く上であまりしないこと。

1・出たばっかりの本の感想を書くこと。
 →積読が多すぎて新刊をすぐに読まないから。

2・続き物を1冊ずつ書くこと。
 →細かく書くことが苦手だから。

相当しょぼい理由ですが、よって以上のことはあまりしません。
ですが。
この作品はそれを覆して書きたい!と思いました。
とても面白かったです。
以下、ネタバレ薄めのタイピング走りまくり感想です。




君にもわかるISO〜許可証をください!5
烏城 あきら著 二見書房 (2006.12)
[BK1] [Amazon]
許可証をください!1〜4をまとめた感想は[こちら]

☆あらすじ
喜美津工場がISO規格を取得することになり、大忙しの弘。
中でも昔ながらのやり方で製品を作り続けている製造部の説得に
大苦戦していた。前原はといえば、大学卒業資格取得のための
スクーリングで東京へ。そこに現れたのが前原の父と名乗る、中尾だった。
中尾は、前原の母と別れたあとに再婚し、その後に生まれたの娘の
結婚に差し障るから前原とのつきあいは解消してくれと弘に告げる。
一方、仕事では取得期限のあるISOで意見は真っ向から対立してしまう。
二つの難題を抱えた弘の出した答えとは…許可証シリーズ第五弾!

(このあらすじは裏書きにちょいと手を加えたのですが…
この裏書き、良い説明してるなぁ…。)

*   *   *   *   *   *

5巻目だというのに、いまだに対立しまくっている二人です。
馴れ合いというものがないんでしょうか、本当に。
そのくらい火花が飛び散る熱い男同士の戦いなのです。

でも同じ職場で働く上では避けて通れない道。
働く人間にとって自分の主張を通すって事は、
自分のプライドや生き方を通すってことでもあるのです。

そうやってとことんぶつかり、理解しあい、
解決してきた二人だから安心していたのですが、
前原の父親がまた身勝手に弘に難題を吹っかけるんです…。

そこで前原がスクーリングに出かけている間、
弘はさらに真剣に関係を考えます。

職場の同僚として付き合うことについて。
相手の家族を困惑させることについて。
男同士で付き合うことの意味について。

そこで弘の出した結論は…言ってはいけないと思うので
書きませんが、とても素晴らしいと答えでした。
働く男同士…という関係の魅力の1つの結論が、
弘の結論の中にあった、と私は思いました。
前原の結論も非常にシンプルでよかったですけどね。

弘の結論を読んだら、とあるマラソンランナーとコーチの夫婦を
思い出しました。選手とコーチで男女としてやっていけるのかと
不思議に思いましたが、なるほど・・・こういう素晴らしさがあるのか。
うーん、弘にひとつ疑問を解決してもらいました。

前原の父親も親のエゴでしたしね…良い父親かどうかは
わかりませんが、真っ当なことを言う人は大切かもしれませんね。

ISOのくだりもほどほどに身近なため、楽しく読めました。
年をとったせい(学生の時だったらつらかったかも…)か、
それとも弘のボケた発想のおかげでしょうか(笑)
まったくもう…しょっぱなから噴いてしまいました。

Hシーンでも外で飛沫くシーンが多く、ほんと好きで好きで
我慢できないという、リアルな男の性をひしひしと感じました。
BLエロス愛好家(何それ)としても、大満足。

笑い・職業描写・H、多角的に楽しめるのが魅力的でした。
このシリーズ、自信を持ってオススメします!


P.S.前巻でのあとがきで烏城予告していたとおり、
大きな『結』でした。ああ、このシリーズ楽しかった…と
思ってたら、まだ続くんですね!嬉しい!
| [BL・小説]烏城あきら | 20:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:43 | - | - |