-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『やれる時にやっておけ』/樹生かなめ(北畠あけ乃) | main | 『正しい紳士の落とし方』/水無月さらら(長門サイチ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『君を殺した夜』/夜光花(小山田あみ)
こんばんは、関東地方もめっきり寒くなりましたね…
冷え性の私には厳しい季節がやってきました。
合わせてテンプレを寒々しくしてみました。
サンタとトナカイは12/25まで張っとく予定です。

さて、大奥ショック(笑)から抜け出して、
感想を書くはキャラ文庫での2冊目の夜光花作品です。
この作品、今までに読んだ夜光さんの作品の中では、
3本の指に入るお気に入りでした。
極力ネタバレ避ける方向で感想です。




君を殺した夜
夜光花著 徳間書店 (2006.11)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
何に対しても執着をしない中学校教諭・吉井幸也(ゆきや)。
そんな彼の前に、唯一、幸也の感情を昂ぶらせる男、
樋口聡(さとし)が新任教師として赴任してくる。
幸也は聡に対し、ぬぐいようの無い罪の意識を持っていた。
その罪の意識の原因は、10年前の過去の出来事だった。
それを口実に、聡は幸也に体の関係を求めてくる…

*   *   *   *   *   *

とてつもなく暗い話と感じました。
けれど、その暗さから目を離せませんでした。

お話は、現在と過去を行き来しながら進行します。
現在パートでは教師として問題が重責して、聡に過去を楯に
体を奪われ、理不尽に卑屈に、鬱屈を溜め込んでゆきます。

なぜそんなに卑屈にならなくてはならないのか?と
こちらまでイラついたところで、過去編が挿入されます。

しかしですね、この過去編も夜光さんらしくちょっとずつ、
核心のセリフだけを見せておいてその暗い背景の事情を
中盤までなかなか見せずに引っ張るんですよね。
どうしてこのセリフを言うまでに追い詰められたんだ?と
先が気になり、ページをめくる手が早いこと。

そんでまた途切れ途切れに入るエロが濃いんですが、
ただの濃いエロは濃いエロで終わりますが、
謎を孕んでいると濃さの理由まで気になってしまう。
巧い手です。

そしてやっと明かされた真実は…おお、暗いけど
こういうこともあるのが人間ってものですな…。

人間って矛盾に満ちた存在だと思います、こういうの読むと。
けれど、それが真実なのですよね。幸福なように見えても
全く幸福でない人もいるし、愛しているから憎悪する人もいる。
カップル二人、幸也のクラスの生徒、幸也の母親、彼女…
登場人物ほとんどがその矛盾や人間性に満ちています。

人を好きになるがゆえに醜くなる心を、どうやって対処し、
どのようにそこから自分を形成してゆくか…
狂気や執着を前面に押し出しながらも、そんなテーマを
様々な形で表現した作品だと思いました。

いやほんと、幸也の彼女が採った大人の執着方法や、
顧問をしている部活の女子生徒の思慮の浅さなど、
巧く描けてますね。不幸な味がにじみ出てますわ。
こういうキャラは女性にしか書けないよな…
不幸キャラを描かせたら夜光さんはBLではかなり上位な気がします。

最後が結構急いだ感はありましたけど、大団円ハッピー♪って
感じの終わりかたでないところは一貫していてよかったです。
BLが無理なハッピーエンドである必要はないですもん…。

執念じみたお話がお好きな方にはぜひオススメです。
| [BL・小説]夜光花 | 22:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |