-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『君を殺した夜』/夜光花(小山田あみ) | main | 褒美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『正しい紳士の落とし方』/水無月さらら(長門サイチ)
この方のイメージは、ちょいとトンデモな人…
でもありましたが、まあそれは置いておくとして、
「学園ものの人」というイメージがありました。

しかし、最近、久しぶりに手を伸ばしてみたら…
オヤジですよ!大好物のオヤジを書いておられたとは何たる不覚。
あ、あたくしとしたことが…(お蝶夫人こと竜崎麗華風に)

久しぶりにオヤジを読んだので楽しめましたw
以下、単なるオヤジスキーの感想です。




正しい紳士の落とし方
水無月 さらら著 徳間書店 (2005.4)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
入社3年目の営業マン、瀬名(せな)が深夜のバーで出会ったセレブな紳士。
イタリア製のスーツを着こなし、濃厚なSEXを予感させる、
雄のセックスアピールを出していたその男の名は本荘(ほんじょう)。
瀬名は本荘に「君は必ず私に恋をするよ」と口説かれ一夜を共にしてしまう。
素性も身分もわからない本荘の巧みな愛撫に溺れていく瀬名。
けれど、本荘を知りたいと思い始めた時、瀬名は突然社長室に呼び出され…

*   *   *   *   *   *

なんと本荘は社長だった!てなことはありませんのでご安心を。
まあ、それに似たようなセレブじみた男なんですけれども。

大筋としては瀬名が自分に無い大人の男を尊敬して、
付き合いをしているうちに、本荘も瀬名の可愛さに惚れて
性的な意味でも付き合っていってしまうお話。

設定は独特で、離婚したばかりの攻め×年上の女性好き受け。
だからと言ってその問題が深く影響すると言うわけではなく、
まあ、ライトですたすたっと読みやすいBLですね。

まともな前置きはこの辺にしておいて。
ナイスなオヤジです、この本荘!
地位あり、金あり、シュミ良し、顔良し。
なんでもできる万能タイプのキャラなのですが、
フェロモンムンムンなくせに実は甘党というオチもあり…
そのギャップ、リアルでも弱いんだよ…
最近は男性の甘党もおかしくないですけどね。

あ、大事なものを忘れていました、床技も良し(笑)
あとがきで「ただのエロオヤジに成り下がらないように祈る…」という
事を書かれておりましたが、もうすでにエロオヤジです!
「〜ないかな?」を連発して拒否しにくくさせた上
「いい子だ」を使いこなす本荘は既にエロオヤジですよ!
「ハハ、楽しみだな」の「ハハ」もオヤジくさいけど好き。

たぶん、私がオヤジスキーなのは、BLの攻めが
セックスが上手で、オヤジくさい言葉攻めを多用するのに
若者である…という矛盾があるためかと思います。
一体お前はどこでそんなテクニックを覚えたんだ!という
突っ込みごころを無意識に持っているのかもしれません。

でも、オヤジならそれはすべて「オヤジだから!」、
セリフがオヤジくさくても「オヤジだから!」で許される…
そんなところに満足感を覚えるのかもしれません。
まあ、つまりは私ってオヤジくさいエロが大好きとも
言えるのですが…いいもん、エロオヤジ好きだもん。(開き直り)

ただリアルはオヤジくさい男が好きなわけではありません。
現実のセックス前に「ハハ、楽しみだな」なんて言われたら
どんなにかっこよくても確実にドン引きですから。
紙の表現の上だけで許されるフェチですのでご用心を。(誰が?)

…オヤジ話になると尽きぬのでこの辺で終わりにしましょう。


作品全体の評価としては、折角のリーマンなんだから
瀬名が仕事に執着している点があれば良かったな〜と思いました。
許可証シリーズのようにとは言いませんが…
いきなり秘書に抜擢でついていくか、瀬名よ。

オヤジ攻めラブな方限定でオススメでございます。

P.S.
本荘に挿れられて(あんた、天晴れだ……!)って
あんたの脳みその中こそ天晴れだ、瀬名…。
| [BL・小説]水無月さらら | 20:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |