-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『捨てたもんじゃねぇ』/綺月陣(水名瀬雅良) | main | 更新に関するお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『お月様と百円ライター』/水無月さらら(果桃ばなこ)
ものすごく統一感のないタイトルが、ブクオフの105円の棚から
主張していたので目を留めたら水無月さんの作品でした。

うわっ、おめめがパッチリ…少年系ですか。
今ではあんまり見なくなったタイプの挿絵ですよね。
1998年の本ですか…新古書自体がライター並みの105円で
買えるようになるとは思ってもいない時代の本ですものね…
BLの月日の時流とは早いものだな、と毎年過ぎるのが
早いなあと思う12月は余計なことを考えたりしています。

中身はなんというか…面白かったです。
ちょっとまとめきれない感がありますが、
以下に感想を書いてみました。



otuki
お月様と百円ライター
水無月 さらら著 ビブロス (1998.9)
[Amazon]

☆あらすじ
毎週土曜の夜、廃校舎でヒミツのセックス。
超男前で高校野球のエースである圭介(けいすけ)と、
キツくて可愛い不良たちのアイドル・(みのる)の関係はだった。
立場が違うから同じ将来は歩めないと割り切っていた想いが、
卒業を控え微妙に変化し、単なるストレス解消が、恋に変わる…

*   *   *   *   *   *

なんじゃ、『可愛い不良たちのアイドル』って。と読むまでは
思っていたのですが、確かに不良のアイドルは伊達ではありませんでした。
その理由がすごい。この辺一体を仕切っていた
不良の女(セックスをする関係と言う意味で)だったから、です。
中学生ですよ、このとき!ありえない!
そして過去形なのは、その問題の不良は離れ離れの状態、
しかも理由は服役中(少年院だから服役とは言わないのか?)。

高校生の身でこんな翻弄されるような人生を送っている稔、
そしてそんな稔と表の道を行くべき圭介はなぜかセックスをしている。
セックスをするだけの、圭介にも闇があった、ということです。
その設定だけで私はかぶりつきのがぶりよりですよ。

そのうちに稔の昔の男が出てきたり、稔を口説こうとする
圭介のライバルが現れたりと、とっぴな展開で進むのです。
が、当人たちはあくまでもシリアスに、冷静に、時に臆病に、
お互いの立場を考え、高校生さながら身分違いの恋のように
諦観と慕情に揺れる彼らが昔のBLという感じで良かった。

特に圭介は過度の期待にテンパってる状態のせいで
男同士と言う関係に臆病なケツの小さい男だったんですが、
とっさに彼が稔をかばうシーンは良い男でした…。
若いんだか老成しているんだかわかりませんが、
一緒に歩もうとするラストはなかなかの好印象でした。


また、なかなか個性的なキャラが多く存在するのですが、
何と言ってもクラブを営む稔の母が一番立っていたキャラでした。
息子の男同士と言う関係を肯定するどころか、
「そんなのはどーでもいいのよ」
「あたしの胸は今、勝利の喜びに打ち震えているわよ」
「(圭介が)ホモじゃない?それならあとひと押しじゃないの!」
と何が何でも息子を応援する心強き母なのです。
彼女には彼女なりの息子を思いやる思考回路があるのがとても良いです。


百円ライターとお月様にはあえて触れないほうが良いかと
思いましたので、触れませんが、これもなかなかの見せ方です。

オヤジに興味がない方でもこれは楽しめるのではないかと思います。
ちょっとシリアスなものがお好きなら是非に。
| [BL・小説]水無月さらら | 21:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |