-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4日間で2キロ!(強制) | main | 『ありのままの君が好き』/樹生かなめ(雪舟薫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『センチメンタル・セクスアリス』/砂原糖子(ヤマダサクラコ)
あらすじ、1行目。
「モデルの相原春巳には奴隷がいる。」
あら、砂原さん新境地?と勘ぐってしまいました。
読んでみたら砂原さんらしい作品でしたけれども。

どうもあらすじって印象を勘違いさせやすいですね。
端的に捉える分、どうしても印象を残しやすい設定の
際立ったところが抽出されるんでしょうけど…
表紙の次に購入を決定付ける1つの決め手ですから、
もちっと丁寧に書いてもらいたいのが多いと思います。

失礼、この本には関係の無い話でした。

今日はちょっと辛口めの感想です。


センチメンタル・セクスアリス
砂原 糖子著 幻冬舎コミックス (2006.11)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
モデルの相原春巳(あいはら・はるみ)には奴隷がいる。
デカくて力持ち、家事もでき、自分の命令をなんでも聞く男。
そんな都合のいい奴隷・真部仙介(まなべ・せんすけ)は理系大学院生。
春巳とは幼馴染みで高校卒業の時、仙介に告白されプロポーズのように
申し込まれた同居を始めてから4年。セックスの真似事はしているが、
ホモじゃないから最後まではしない―そんな春巳に仙介はついに…

*   *   *   *   *   *

同居している真部がなんでもできるってことは、
春巳がなんもできないってことですw
ま、いわゆるダメな受けというやつですね。
私は、たいていのダメ受けはOKなのですが、
春巳はどうしても好きになれませんでした。

なぜかと言うと、自分のダメさを認識していながらも
開き直って何もしようとしないところが、です。

ダメ受けといえば榎田さんの『きみがいなけりゃ息もできない』の
ルコちゃんと比較してみると、その性質は似て非なるもの。
ルコちゃんは世間的に自分がダメだ、という感覚を
あまり持っていないのに対し、春巳はわかっているのに
なんとも「だから何?」みたいな性格なんです。
人間的にどっちがマシかは置いておいて、
個人的には春巳が可愛くねぇのは確かでした。

あと、この子の嫌いなところは、「ホモ」を連発することです。

もちろん、彼にとって「ホモ」を連発することは
真部に惚れそうな自分を食い止めるためのか弱き抵抗で、
同時に自分の過去を見つめることをとどめようとする
必死の抵抗であることはとても良くわかります。
あ、ここの性的な忌まわしい記憶と真部への想いが
混交しているという点は非常に面白かったです。

が、やっぱりゲイとして「ホモ」って言われるのは気分悪いんです。
「ホモ」は蔑称の響きがとても強いですから、
読んでいて気分はあまり良くないんですよね。
「ぽっちゃり」と「デブ」の違いの感覚と似ています。
似たものだとわかっていても、言われる側には違うの!


真部はね…いい奴なんですよね。同じ研究室にいたら
つい頼ってしまいそうな雰囲気のある男でして。
なんで奴隷じみたことをしてまで春巳がいいんだか…
たぶん、春巳がそう望むから受け止めてあげようとする
意識があったんでしょうね。ちょっぴりSMな関係?

脇の人たちもちょっと癖があってよかったです。
特に真部と同じ研究室の小峰女史が素敵。
(二十歳ぐらいだけどなぜか脳内イメージは女史)
特に春巳をええいこれでもか、とばっさり切る所が素敵。
後半はどこかへ消えてしまいましたけれども、
なかなか印象深いキャラクターでした。


…あれ、総合すると春巳以外はほとんど好きなんですね。
嫌い嫌いと言いつつも、ラストでようやく恋を自覚した春巳は
アホ過ぎて却って可愛く見えて嫌いじゃないですし。

春巳を許せるか許せないかで評価が決まると思います。
あなたはどっち?(サクッ)

P.S.
ちなみに私はクリスピー派です。
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:05 | - | - |