-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『センチメンタル・セクスアリス』/砂原糖子(ヤマダサクラコ) | main | 『顔のない男』シリーズ/剛しいら(北畠あけ乃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ありのままの君が好き』/樹生かなめ(雪舟薫)
樹生かなめさん本の感想3冊目です。
そろそろカテゴリ増やさないとな〜…

買ってから約1週間、積読の恐山の中にありましたが、
病床で明るいものを読みたくなったために、急遽、
引っ張り出して場当たり的に読んだ作品だったのですが、
これが…予想以上にすごかった。
チャレンジャークイーンですね、樹生さんは…。
自分の中で木原音瀬さんに次ぐ2代目のクイーン認定です。

そんなマイ認定を決定付けた作品の感想は以下です。




ありのままの君が好き
樹生 かなめ著 大洋図書 (2005.4)
[Amazon]

☆あらすじ
人呼んで『ぶたごりら』の四天王寺寿杏(してんのうじ・じゅあん)は
ゴリラの巨体に無垢の心を持ち、父が死んだら自分も死ぬと断言する
ファザコンの成人男子である。…そんな寿杏の家に、
ある日、高校時代の同級生で父親の弁護士事務所に勤める
若手弁護士・英駿二(はやぶさ・しゅんじ)が同居することになる。
傷つくだけだった寿杏の学生時代、その中でもっとも輝いていた
英がいるだけで思い出したくも無い思い出が蘇ってしまう寿杏は、
はやく英に出て行ったほしいと願うのだが‥

*   *   *   *   *   *

チャレンジャークイーン・樹生さんの今回のテーマは、
『捨てる神あれば拾う神あり』だと思いました。
(蓼食う虫も好き好き…でもいいかも)

寿杏は200cmに170キロで人相が悪くてぐずぐずしていて…
しかも徹頭徹尾、ずっとこの体格、性格。
一般的なBLではありえない受けなんです。

しかしそこはBL、ちゃんとそれにあった攻めが登場します。
英は人の性格に敏すぎて人付き合いが苦手なため、
寿杏の幼いと言っても良い純粋な精神に惚れてしまうんです。
そしてなんと父親の承諾を得て英は入り婿扱いとなり、
めでたく3人で暮らすことになります。
(ちなみに表紙の左が寿杏の父、右が英です)

BLへの一人ツッコミには慣れっこの私ですが、
さすがに無い!とマジになってしまうほどご都合ですし、
物語としてもかなり甘め設定のお話だと思います。

しかし、そのありえないドラマを支えているのは、
リアリティに満ちた樹生かなめさんの描写です。

人に傷つけられるのも周りの人を不快にするのも嫌で、引きこもる寿杏。
身勝手な寿杏の母親、息子を溺愛しながらもそこいらとは違った
愛し方をした父親、ブタゴリラのままでいいとのたまう英。
みなどこかぶっ飛んでいながらも、確かにどこか人間って
こういうところあるよな、と納得してしまう部分があるのです。

寿杏が苛められるシーンでも、また、それによって寿杏が
自分から口を閉ざしてしまうようになるのも、
かわいそうとは思いつつも、何か納得させるものがある。

きっと破天荒なお話の中でも感情だけはしっかりと
リアリティであろうとしているのだと思います。

それが、甘々だったりぶっ飛んでいる展開を支える
屋台骨になっているのだなぁ、と改めて感じました。
(あまりにぶっ飛んでるときは屋台骨すら吹き飛ばすけど)


ところで脱線ですが。
寿杏と言う名前が凄いなぁ、と思ったのですが、
最近はバラエティに富んだ名前のお子さんが多いようですね。
まったくの他人ですから口は挟めませんが、寿杏みたいに
名前と本人が一致しなかったらちょっと可哀相かも。
あ、「麗子」「美子」などでもその理屈は同じか…?
ああ、でも音響的にも辛いものがあるな、ジュアンは…うむむ。
子供に一生縁の無いゲイの独り言でした。


まあ、それはともかくとして、イケメンがブタゴリラの
『中味』に惚れる甘めのストーリーを純粋に、
楽天的に愉しむのがよろしいかと思われます。

挿絵の雪舟薫さんもいい仕事してますよ〜。
受けもHシーンのイラストも無いBL小説は初めて読みましたw
電車の中で読むノベルスとしてはもってこいです。

「我は行く、キワモノ道を!」と言う方は必読です!
| [BL・小説]樹生かなめ | 21:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |