-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ありのままの君が好き』/樹生かなめ(雪舟薫) | main | BL的小ネタ日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『顔のない男』シリーズ/剛しいら(北畠あけ乃)
このシリーズは病床の中で読んでおりました。

たいていのBLを読む時間は通勤電車なのですが、
特に電車で乗り降りするときに物語の続きを読めずに
現実に戻らざるを得ないのが凄く嫌いなんです…。
なのでついシリーズものの積読は後回しになりがちなのですが、
怪我の功名、一気にシリーズ3冊を集中して読めて、
非常に気分の良い読後感を味わえたのでした。
勿論、作品の上質さもあるのですけれどね。

俳優という職業を扱ったBLは世の中に数あれど、
俳優というものを描けている作品はこれ以上には
ないのではないか(まどろっこしい)、と思った作品です。

感想は以下となり申す。




顔のない男 (装丁がお気に入りなので並べてみました。)
剛 しいら著 徳間書店 (2003.7)
[BK1] [Amazon]

見知らぬ男         時のない男
  
[BK1] [Amazon]   [BK1] [Amazon]

☆あらすじ
デビューから3年目、新人とも呼べなくなってきた
売れない俳優の篁音彦(たかむら・おとひこ)に、
大手映画会社から出演依頼が舞い込んだ。
相手役は天才俳優と名高い飛滝忽三郎(ひたき・そうざぶろう)。
音彦にとってはまたとないブレイクチャンスだが、
出演条件は飛滝と映画の設定通り兄弟として同居することだった。
兄弟として暮らし始めたとたん、原作以上の兄弟の絆を
あらわそうとする飛滝に翻弄される音彦だが…

*   *   *   *   *   *

私たちから見る俳優、というと圧倒的に画面を
通してみることがいちばん多いかと思いますが、
俳優を扱った一般的なBLも、その立場にあると思います。
(芸能人である、という表面だけの…と言ったら言い過ぎかな)

しかし、この作品は、天才俳優飛滝の特異性を描けていると思います。
俳優と言うのは他人になりきり、役を作り上げるために
仕事が私生活どころか精神にまで強い影響を及ぼす、
公と私のバランスが非常に厳しい仕事だと思います。
それを踏まえたうえでそんな職業の人間が、恋をしたら
どうなるのか?というのを非常に巧く描いているんです。

もちろん、飛滝自身が語るわけではありませんし、
音彦も俳優ですが彼とは違い、まあ、凡才タイプですから、
彼の心情を類推する程度にとどまってしまいます。
飛滝の俳優業と恋の葛藤や、なぜ音彦に惚れたのかという点は
ほぼ口には出されません。(それも凄いBLですよね)
しかし、その書かれていないところ、飛滝の思考を
類推するのがこれまた楽しいんだ!

口には出さないけれど役作り中にも、わずかに見せる素顔にも、
飛滝がすごく音彦を大切に思っているのがわかります。
「口に出せば逆に嘘っぽくなる」という飛滝のお言葉通り、
俳優は軽々しく「〜だから好きになったんだ」なんて
言うべきではないかも、という結論に至りました。

飛滝はBL界で誰よりも強い、「役者」の印象を私に残しましたよ…
剛しいらさんに感服です。

しかしまあ、読んでいると俳優との恋って多重人格者との恋のようですね…。
飛滝なんて本人と役が一致してしまうまで役を作り上げる
タイプだからよく音彦はついていったと思います。
あ、そうか、音彦も俳優なんでしたっけね…
音彦は「個」をさほど強く持たない俳優のタイプで、
だからこそ飛滝ともやっていけるのでしょう。
もし音彦がもう少しアクがある俳優だったらダメだったかも。

俳優がよく離婚したりなんだりとしますが、多忙以外にも
そんな理由があったりするのかもしれませんね。

他にもオススメするべき点がいくつもあるのですが、
冗長すぎるので結論だけ言います。
夢中になって読めるシリーズでした。
ぜひとも、オススメです。
| [BL・小説]剛しいら | 23:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |