-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年1月新刊購入予定リスト | main | 『聖夜』/榎田尤利(山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『人は愛を食べて育つ』/舞妓マリー
腐女子、乙女ロードなどが騒がれた2006年でした。
きっと興味本位でこれを見ていた人たちのBLの認識レベルは、
『女性向けエロ』程度なんだろうなあ、と思うのですが。

そんな方にはこの作品をオススメしたいです。
もし読み終わっても同じ感想なのだったら、

husi

と、罵らねば気がすまない、良い作品でした。
(著作権は舞妓マリーさん&東京漫画社に当然帰属します)

では、あらすじ&感想です。




人は愛を食べて育つ
舞妓 マリー著 東京漫画社 (2006.6)
[BK1] [Amazon]

ちょっと絵が癖(なんとなく犬のボルゾイっぽい)があるのですが、
とても表情が多彩で面白い短編集でした。

☆「春眠は今 土の香り」「すぐそこにほら君の香り」「女の勘は…」
無趣味を嘆き、仕事の帰り道にあった絵画教室を訪れた村田は、
そこにいた先生の吉岡に一目ぼれしてしまった。
生徒と先生として仲良くなってゆく二人だが、
吉岡から「女性不信らしい」とまじめに相談されて…

『春眠は〜』は「ヘタレカタログ」で既読でした。
アンソロにありがちな派手さはなく、しかもHもなかったのですが、
28歳リーマン×四十路メガネ先生にぐっと来ました。
いい年こいたオッサンがかわいいって、卑怯でしょう!
目元のしわがね、とってもいいんですよ(マニアック?)。
目が合って顔を赤くしている二人が初心でいい感じでした。
「すぐそこに〜」と「女の勘は…」は付き合い始めてからのお話で、
じっくりゆっくり進んでゆく二人の関係がもどかしいのですが、
「む…むり…ほんとこればっかりは…」と言いながらも
愛のために頑張る四十路に萌えました。

☆「人は愛を食べて育つ」
高校生3年生の三池は特に不満も無い人生を送っているが、
外界を遮断する音楽プレイヤーを忘れると話は別だった。
勝手に自分の中に、なれない他人のやさしさや
温かさが流れ込んできてしまうからだ…

親からも愛されたことの無い少年が、他人の優しさや
生活に触れてしまい、餓えてしまうお話です。
これ、2番目に好きです。ありがちな『愛されなかった子供』ですが、
道すがら行き交う人たちの、なんでもない幸せな日常を
少年が見ることによって寂しさが募ってしまう、という見せ方が
マッチ売りの少女っぽくっていと悲しい気分になります。
子供は絶対的な愛を受ける権利があると改めて思いました。
あ、マッチ売りの少女とは違ってハッピーエンドですよ。

☆「ララルラルールー」「丑三つ時のギシギシ・アンアン」
根津が安藤と出会ったのは5年前。高三の夏休み、
あるつてを使って大学寮の部屋を借りた根津の
向かいの部屋で、激しくHをしていたのが根津だった…

不遇の主人公、根津です(笑)
いつのまにか先生と生徒の間柄になって親しくなり、
やっと手に入れたと思ったら実は当て馬だったと言う…
現在進行形でなく、昔の話、という形式がまだ救いです。
「丑三つ時〜」は、タイトル的に説明不要かと思います(笑)

☆「ダイヤモンド」
バンドとバイトに明け暮れる、二十歳のカズ。
どこにでもいそうな彼だが、ひとつ違うのは彼氏もちということ。
バンド仲間は良い奴らだし、彼もとても気遣ってくれるのだが、
気まずい思いをさせたくなくてどちらにも遠慮しがちになってしまう…

これ、一番好きです。
一言で言えば、ゲイの関係を仲間に受け入れてもらえるお話。
「人を愛すること」を祝福してくれる友人たちが
いるってことは、とても大切なことだと思う。
本人と受け止める側を見事に描いた作品です。

☆「それをなんという」
望月と森沢は大学の講師をしており、腐れ縁の仲。
二人は大学生のときに1度だけからだの関係をもったが、
お互いに不毛な深みにはまりそうでセックスはそれっきりだった。
しかし、いまさらになって望月は打ち明けた。
「どうしても忘れられない男がいるんだよね」と…

たぶんこれまた四十路…しかもお互いに、です。
いいね、ずっとお互いに意識していたって言うのは!

「片方が年なら片方は若い」というBLの不文律を
破ってくれております…お互いにオヤジってのも
絶対にいいと思うんだよね、オヤジスキーとしては。
ということで、これもお気に入りのお話です。


「ダイヤモンド」、「人は愛を食べて育つ」など、
ボーイズのラブだけにとどまらないテーマがあり、
しかもそれらが良く描けていて…
これからもこの路線を期待したい作家さんでした。

オススメです!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:12 | - | - |