-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『人は愛を食べて育つ』/舞妓マリー | main | BLゲームとゲイゲーム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『聖夜』/榎田尤利(山田ユギ)
今年もあと1週間を切りましたね。
クリスマスは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

私は公約どおり(?)、「聖夜」を読み耽っておりました。

クリスマスなんて日本人にとっては単なるお祭り騒ぎだし、
カップルに至っては神様公認の発情日でしょ?
そんな考えをしていたのですが、今年はこの本のおかげで
世の中のカップルを祝福したい気分(あくまで気分)になりました…

いいですね、BLって!
ネタバレな感想は以下です。




聖夜
榎田 尤利著 笠倉出版社 (2002.12)
[Amazon]

☆あらすじ
17歳の時に引っ越していった親友・アマチとの10年ぶりの再会。
それはシマが胸中に封印した恋心をたやすく揺さぶり起こした。
恋を無自覚なまま何度も抱きあった記憶は、
10年を経ても鮮やかに存在し、会わなかった期間を
取り戻したいというシマの想いは、日に日に高まっていく。
しかし、シマには婚約者がおり、アマチにも彼氏がいた。
既にお互い別の相手と人生を歩み始めていた二人には、
幼い頃のように二人だけの世界には飛び込めない…

*   *   *   *   *   *

叫ばせてください。1話、切ないーーーー!
だって、シマとアマチ(もちろんお互いにあだ名)が再会したのは、
シマが婚約者につれられてマンションを見ているときなんですよ!
しかもアマチが展示場の係員としているんです…!

「シマのやつ、アマチと言うものがありながら…!」と
憤慨してシマを嫌いになってしまいそうになるのですが、
そうならないのがやっぱり榎田尤利作品の凄いところ。

シマが持っているアマチへの狂おしい思いを描く反面、
大人になるにつれて捨てられないものも克明に
描かれているため、臆病だけれども一理あるな…と
シマの考え方に同情せざるを得なくなってしまうのです。

基本的にゲイとしてはちょっと許せないんだけど…
ストレートゆえの悲しみってあるんだなぁ。

でもシマがどうであれ、アマチがパートナーである以上、
このときの二人が別れてしまうのも仕方がない気がします。

なぜなら、アマチも手に入るはずのものを自ら放棄していたから。
「自分がいると幸せになれない」という思考が、
アマチには今までの経験上根底にあり、それゆえに
シマを好きだから、あきらめてしまうんです。

お互いに想いあう気持ちの大きさゆえ、
お互いに臆病になって付き合えない…残酷です。
そして1回だけ、と言う約束でHをするのですが、
そのシーンもほんと見ていて痛々しく感じます。
永遠の昨日とは違った意味で哀しい…。

そして、哀しいままホーリー・ナイトの曲が聞こえる。
このコントラストが完璧に涙を誘います。

幸せって何なんでしょうね…なんて柄にも無く考えちゃいました。
まあ、二人にとってのその答えは3話目で明らかになりますが。


1話ではシマから見たお話でしたが、2話はアマチ視線です。
このアマチ視線のお話も薄倖の佳人て感じで救いが無い…
ただ、シマへの想い、それだけが彼の中で救いだったことが、
とても良くわかりました。ああ、余計に哀しい。

ここまでは、悲恋好きの人にオススメです。
でも、やっぱりハッピーエンドが好きな方は3話目を。

2度目に別れてしまってからさらに10年経ってから
再会した二人…ようやく、お互いのしがらみを
抜け出て、素直に感情のままに向き合えた二人。
もう、感動!くどくど説明したくないです。
言葉でうまく言えないけれど、ラストの告白シーン、
Hシーン、終わり方に至るまで「大好き」です。

二人には、必要な時間だったのですね、20年は…。
…個人的にはオヤジ好きとしても37歳のシマにめろめろ。


構成的には高遠さんの『好きで好きで好きで』に似てますね。
書き下ろす前までが悲恋で、書き下ろしがハッピーエンド。
その分、1冊で何度も感情の揺さぶりをかけられました。

入手困難なようですが、ぜひ探してみてくださいね〜。
オススメです!!
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |