-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『恋獄の獣』シリーズ/吉田珠姫(相下猛) | main | 2006年 BL小説読了リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『2006年 BL小説五十選』
2007/1/11,14 追記。 今日は追記もの2つと言うことで…。
昨年読んだBL小説リストができましたので一番下に追記しました。

−− −− −− −− −−

とはいえ、BL小説だけではなんなので、
今年の各ベスト部門は下記の4つといたしました。

☆一般コミック部門
☆一般小説部門
☆BLコミック部門
☆BL小説部門

※一般部門は各5位までを選んでみました。
  BLコミック部門は10傑を選び(順位制ではない)、
  BL小説部門は10点に絞りきれませんでしたので、
  『今年のBL小説五十選』といたしました。

※シリーズはスピンオフで無い限り1点としています。

以上、前置きでした。それでは、早速ベスト発表です!



☆一般コミック部門
1位 『大奥』/よしながふみ
2位 『百鬼夜行抄』/今市子
3位 『リストランテ・パラディオーソ』/オノ・ナツメ
4位 『おおきくふりかぶって』/ひぐちアサ
5位 『ブリザード・アクセル』/鈴木央

コメント:あれ、なぜかBL臭が漂いますね(笑)
今年はBLから派生した広がり方だったから仕方ないかな…。

☆一般小説部門
1位 『聖なる黒夜』/柴田よしき
2位 『The MANZAI』/あさのあつこ
3位 『李歐』/高村薫
4位 『No.6』/あさのあつこ
5位 『博士の愛した数式』/小川洋子

コメント:…んー、またBLのかほりがぷんぷんですね(笑)
今年は一般小説は去年の半分しか読めていませんでした。
しかもBLっぽいものが半分を占めております。
ミステリ、読まなくなったなぁ、と今年の記録を見てしみじみ。

☆BLコミック部門(ここからは著者名順です)

『大人の問題』/今市子
『ショーが跳ねたら逢いましょう』/えすとえむ
『聞こえない声』/京山あつき
『はつこいの死霊』/草間さかえ
『是-ZE-』シリーズ/志水ゆき
『ノーカラー』/夏目イサク
『クマとインテリ』/basso
『人は愛を食べて育つ』/舞妓マリー
『窮鼠はチーズの夢を見る』/水城せとな
『夢を見るヒマもない』/山田ユギ

ほとんどの作品は感想を書いておりますね。善き哉良き哉。
『あしながおじさんたちの行方』や『災厄のてびき』、
なども入れたいところだったのですが、ばらけたほうが
いいかなと思ってこんな感じになりました。

☆BL小説部門
さあ、こっからが真打ち、今年のBL小説五十選をどうぞ!

レベルSS作品(著者名順):3点
『魚住君シリーズ』 /榎田尤利
『座布団』『花扇』/剛しいら
『箱の中』『檻の外』/木原音瀬

レベルS作品:24点
『DEADLOCK』/英田サキ
『今宵、天使と杯を』/英田サキ
『夜が蘇る』/英田サキ ヤクザ賞!
『GENE』シリーズ /五百香ノエル ファンタジー賞!
『コンティニュー?』/いつき朔夜 新人賞!
『許可証をください!』シリーズ/烏城あきら ワーキング賞!
『犬ほど素敵な商売はない』/榎田尤利
『執事の特権』/榎田尤利
『普通の男』『普通の恋』/榎田尤利
『なんでやねん!1・2』/久我有加
『顔のない男』シリーズ/剛しいら
『はめてやるっ!』シリーズ/剛しいら 受けヤクザ賞!
『君と緋色の恋を抱き』/高月まつり 号泣賞!
『不機嫌で甘い爪痕』/崎谷はるひ
『くちびるに銀の弾丸』『くるぶしに秘密の鎖』/秀香穂里
『純情アイランド』/砂原糖子
『私立櫻丘学園高等寮』/橘紅緒 文体賞!
『リリース』/月村奎
『ブレッド・ウィナー』/月村奎
『ミクロレベルまで愛して』/中原一也
『12時の鐘が鳴る前に』/ひちわゆか ロマンチック賞!
『プラクティス』/ひちわゆか エロ賞!
『Flesh&Blood』シリーズ /松岡なつき
『不確かな抱擁』/夜光花 ミステリ風賞!

レベルA作品:23点
『好きこそ恋の絶対』シリーズ/いおかいつき
『50/50-フィフティ・フィフティ-』/池戸裕子
『発明家に手を出すな』/烏城あきら
『ソリッド・ラブ』/榎田尤利
『ラブ&トラスト』/榎田尤利
『歯科医の憂鬱』/榎田尤利
『始末屋J』/綺月陣
『陰陽師葦屋道満』シリーズ/剛しいら 歴史ファンタジー賞!
『まほろば恋奇譚』シリーズ/剛しいら
『酔って、酔わせて』/剛しいら
『仇なれども』/剛しいら
『脱がない男』/木原音瀬
『灼熱のハイシーズン』/秀香穂里
『あなたと恋におちたい』/高岡ミズミ
『天国が落ちてくる』/高遠琉加
『秋霖高校第二寮1』/月村奎
『愛してないと言ってくれ』/中原一也 オヤジ賞!
『覗く瞳、濡れる心』/中原一也
『映画館で遭いましょう1・2』シリーズ/鳩村衣杏
『昼となく夜となく』/ひちわゆか
『君を殺した夜』/夜光花
『ダブル・ベッド』/吉田ナツ
『蒼い海に秘めた恋』/六青みつみ

(『〜賞』というのは、面白かったなかでも、
こんなところが印象に残ったとか、そういうことです。)

寸評:今年のBLを振り返って
えー…いかがでしたでしょうか。
やっぱり何と言っても『箱の中』『檻の外』が、
今年出版された本の中でダントツで素敵でした。
消費されるだけの作品が多い中で、後々まで残るような
作品に出会えたことを、とても感謝しています。

ちなみに読んだBL小説は501冊でした。
BLコミックは数えてなかったのですが、
少なめに見積もって150冊ってとこでしょうか。
「ひと月に10冊程度を目安にして読みたいと思います。」とか
去年のベストの時に言っていたのに…おかしいな。
う〜ん、来年は一日一冊、360冊を目処にしたいと思います。

ご来訪くださった皆様方、来年も宜しくお願いします。
続けられるのも見てくださる方がいてこそです。
皆様、来年も素敵なBL生活をお迎えください♪

1/11 追記。
昨年読んだ501冊のBL小説リストができましたのでアップします。
色々と試行錯誤していたので時間がかかってしまいました。

1/14 追記。
うまくエクセル表がアップされなかったので、
記事の中に書く形としました。→こちらの記事
一応、評価と言う形で星がつけてありますが、
読んだ直後の評価ですので冷静じゃない部分もあります。
見直してみると今とかなり違う評価もあったり…
深く受け取らないように(笑)
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2006年 | 21:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |