-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLゲームとゲイゲーム | main | 今年の売り&買い物納め >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『酔って、酔わせて』/剛しいら(鳥人ヒロミ)
今日は王の男を見にいく予定だったのですが、
大掃除を優先することにいたしました。
そのうち、蔵書の整理をしていたらこの作品が出てきました。

実は私にとって、これは結構思い出深い作品です。
・初剛しいら
・初鳥人ヒロミ(の絵)
・初シャレード文庫
という、初が3拍子揃った作品だったからです。

ひさかたぶりに読んだのですが、今読んでも面白かったです。
ってことで、感想をば。



酔って、酔わせて
酔って、酔わせて
剛 しいら著 二見書房 (2001.5)
[BK1]
[Amazon]

☆あらすじ
高校時代からの親友、(たもつ)とともに外食産業に
就職した蔭山神酒(かげやま・みき)は、入社早々の呑み会で
痴態をさらしてしまう。酔いつぶれるわけではない、
男を誘うような淫らな一面が出てしまうのだ。
そのために実家の造り酒屋を継げないのだが、
謎めいた唎酒師・緒方に『水道水以下』と実家の酒を
酷評された神酒は故郷に帰り、銘酒の復活に奔走することに…。

*   *   *   *   *   *

今考えてみると、シリアスものともコメディものとも異なる、
情緒ものともちょっと異なった剛しいら作品です。
何系統かな…『海に還ろう』系かな。
この人しか目を付けないだろうって言う意味ですが(笑)

内容は端的に言えば、同級生(幼馴染)&トラウマもの。
しかし、全部「お酒」が絡んでくる点が面白い。

神酒が酔うと淫らになっちゃう癖を持っているのは
あるトラウマのせいなのですが、それは神酒の利き酒の能力のせい。
トラウマのもとになった(もちろんBLですから)男が、
神酒に関わったのも理想の酒造りのため。
神酒が実家に帰るのも昔は銘酒と呼ばれた、
実家の酒の名声をとりもどすため。
保と神酒の仲が近くなったのもお酒が原因。

トラウマ、酒造り、親友、怪しい唎酒師…
伝統的にして文化ともいえる酒造りの舞台と、
恋愛のパートを巧く絡めて、かつ楽しんで読める作品を
描けるのは剛しいらさんにしかいないかな、と思います。


しっかし、今読むと結構凄いシーンがありますな、こりゃ。
下のお口から日本酒入れちゃうってあんた…!
それって、急性アル中の危険度から考えると、
結構ヤバイ行為だと思うのですけど…いいのか?
しかもその前後に激しい運動してるし(笑)


また、緒方は強く印象に残った脇キャラです。
褒められはしませんが、彼なりの判断基準があって
行動しているのがとてもよくわかります。
(ちなみに『下の口から〜』はこの男の所業です)

書き下ろしに出てくる蔭山酒造の卸先の旅館の若旦那も
鳥人絵の効果もあいまって、かなりいい男で…
脇役スキーな私としてはその点でもかなりポイント高し。

残念ながら保に関しては「いい人だな」ぐらいにしか
思えませんでした…魔性の妻(?)を持つ旦那って
たいてい影が薄い気がするのは私だけでしょうか…。


あんなところからこんなところまで、酒浸りな作品です。
私は日本酒はあまり飲めないので飲みませんでしたが、
こたつで日本酒をちびりちびり飲みつつ、
ちびりちびりと読まれると楽しいと思います。
ただし酔っ払って筋がわかんなくなっても責任は取りません。

どうぞお試しあれ。
| [BL・小説]剛しいら | 21:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |