-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『指先の恋』/直野儚羅 | main | 2007年BL系感想一覧 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『今、風が梢を渡る時』前・後編/かわい有美子(笠井あゆみ)
明治時代〜大正時代っていいですよね。

戦争があったり、富国強兵策をとっていたりしながら、
和洋が折衷し、異文化を日本が取り込み始めた時代。
モダン、レトロ、ハイカラ、バンカラ…(なんかひとつ違う)、
文化と浪漫が満ち溢れていたようなイメージ。
とっても好きな時代です。

そんな時代の雰囲気を味わうに相応しいBLでした。
たとえアレがなくとも…。
詳しくは以下ネタバレ感想です。



  今、風が梢を渡る時 後編 
今、風が梢を渡る時 前・後
かわい 有美子著 小学館 (2002.9)
[BK1] [Amazon]   [BK1] [Amazon]

☆あらすじ
大正時代。兵庫の寒村の、小作農の四男・沢良木犀(さわらぎ・せい)は、
京都帝国大学の予科・第三高等学校に首席で合格した。
医者一人おらず、貧しさゆえに娘を売るのも珍しくない村で
明晰さを買われて村長宅に義子に出された沢良木だが、
義母や義兄に虐められ、他人との間に距離をおく寡黙な青年になっていた。
寄宿舎では同性愛肯定派も居て、沢良木は同室の男に襲われかけ、
部屋替えが行われた。新しい同居人は鴇浦智巳(ときうら・ともみ)。
堺の商家の次男で穏やかで誠実。沢良木を貶める噂も聞き流す。
沢良木は次第に心を開けるようになってゆくが…

*   *   *   *   *   *

ロマンだのモダンだのと言ったそばからなんですが、
『娘を売る』のくだりに驚きました。
ちょいと調べてみたら意外や意外、昭和に入っても
それは存在していたと言うんですから。
今の時代に生まれてよかったですね、ほんと。

そんな村から、期待を一身に背負って街に出る、ってのは
重圧も期待ももの凄いことですよね。

そんな逼迫した状況の中で、上手く人付き合いのできない犀は、
いじめられたり陰口を囁かれたりします。
(こういうのはいつの時代でも変わらない…)

そんな彼を保護者のように大きい視野で助け、見守る鴇浦。
鴇浦…こいついい奴なんです!
悪口に参加しないし、決めるときは決めるし。

犀をいじめていた本人を捕まえて、
このことは舎監に言うのか?と尋ねられて、
「恥を知る人間なら…、少しでも良心があるというのなら、
自分のした真似をよく考えてみろよ!…(略)
舎監云々でなくて、まずは沢良木への謝罪だろう!?
それとも君は、そんなこともわからないくらい愚かで、
恥知らずの人間なのか!?」

今だったら通用しない理屈かもしれませんが、『恥』!
まだ武士の気運もある時代に、恥は痛いよな…
でもなかなか言えることじゃありません。
久しぶりにBLでじん…と来た怒りのセリフでした。
甘えたくなる犀の気持ちも良く分かる、いい男だ。

しかし鴇浦も(BLに出てくる)男、すでに犀に友情以上の気持ちを
持っているのだが、いい男のため、以前男に襲われかけた
犀を気遣うあまり、甘えられても素直に接せない。
さあ、どうする鴇浦!男になれ!(もう男だけど)

と、最後まで期待しながら読んでいたのですが。
朝チュンどころか接吻すらしていないっ!
告白も卒業後、しかも犀からかよっ!

失礼、あまりの薄さについ三○風になってしまいましたわ。
まあ、かわいさんだから濃ゆいHシーンなんざ
期待していませんでしたけど…ちょっとこれは残念。
うむむ、さすが古きよきパレット文庫。


まあ、それはさておき、文の繊細さで勝負するかわいさん、
さすが考証もしっかりしており、小物の名前が粋。
カフェとカフェーとの差異や、ベッドは『寝台』、
クラスメートは『級友』(使い分けてはいますが)などの和名呼称で統一。
そういう細かさも、とても好印象でした。

色んな意味で、BLとは、『ボーイズ(男)たちがラブするもの』という要素が
入っていればいいのだな、と学んだ作品でもありました。

大正ロマンチカに浸りたいときにどうぞ。

P.S.
作中で「埴生の宿」という歌が出てくるのですが、
きっとこのタイトルと犀の貧しい村での情景は
この歌から来たに違いない!と邪推している私です。
| [BL・小説]かわい有美子(ゆみこ) | 21:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:37 | - | - |