-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ベイビー カム ヒア』/吉池マスコ | main | 『2006年 BL小説五十選』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋獄の獣』シリーズ/吉田珠姫(相下猛)
タイトルが長いので勝手に恋獄の獣としました。
この作品は、今一番ホット過ぎる作品はなに?
と問われたら間違いなく答えたい作品です。

とにかくホット過ぎる…!

あ、ホット過ぎるというのは、言い換えると「暑過ぎる」。
よりベターな訳としては「暑苦しい」ですね。
熱いでなく、暑い、です。

突っ込みどころがありすぎて何ともいえなかったのですが、
トンデモ本よりとして楽しめたのでご紹介です。



 
恋獄の獣に愛されて 恋獄の獣との愛の日々
吉田 珠姫著 海王社
[BK1] [Amazon]  [BK1] [Amazon]

☆あらすじ
誰にも必要とされていない、と思いながら毎日を送るあさぎは、
ある日空間の揺らぎから異世界へと迷い込んでしまった。
そこで出会ったのは、赤い髪、獣のような体躯をもつ鬼のソード。
ぶっきらぼうで野蛮な彼は、あさぎへの強い欲情を押さえ込みつつも、
傷だらけになりながら激しい情熱で、あさぎを魔物から護ってくれる。
初めて自分が自分である意味を見いだせたあさぎは、
ソードと共に生きたいと願うが、ソード自身に
元の世界に戻れと突き放されてしまう…。

*   *   *   *   *   *

実はこの二人は過去にも空間の揺らぎから接触しており、
これに加えて前からずっと思っていた、という
よくあるパターンが追加されるお話です。

しかし、ソードが「鬼」であるファンタジーを
上手く使っているな、と感じました。

鬼と言うのはこの私たちの世界でと同様、忌み嫌われるもの。
無条件に嫌われる存在であることと、そして、
それをソード本人が知っているからこそ生じる
すれ違いやためらい、恋などの感情を上手く描いています。

また、「鬼」を使うことで、世界共通で鬼のような存在が
あるのはなぜか、なんて話は必要なのかは別として面白かったです。

それに、「鬼だからソードは常識知らず」は上手い手だな、と。
攻めが受けとセックスして、「こんなのは初めてだ」などと
発言するシーンがBLでは頻繁にありますが、慣れてくると
今まではそんなにひどかったのか?と突っ込みたくなるのですが、

鬼は疎まれるし、セックスは本能のままに強引にやるしかない、
相手を傷つける行為だという認識がソードにあったため、
文字通りあさぎとのセックスが、はじめての愛を営むための
行為である、となるのが新鮮で良いのです。


と、まあ、まともに感想を書いたのですが、以下は突っ込みです。

・いくら愛のあるセックスがはじめてだからって
 「おおおぉぉーーーーーうおぉおぉーーー!」なんて
  叫び声を読みたくはないんですけど・・・・ね。
  暑苦しいったらありゃしない。

・なのにあさぎもあさぎで、はじめての癖に男性向けポルノに
 登場する女性が言うよなセリフをバシバシ…恥ずかしくて書けません。

・異世界に行こうとするあさぎを止めない弟妹
 理解があるを超えておかしい…真剣だからって言ったら
 虚言癖の人だって真剣じゃないか。
 ここは疑ったパパンとママンが正しいと思うな。

・あさぎの行動
 ソードが孤独な立場のを分かっているくせに、それと
 同じ状況の鬼に近づくなよ!親切心でも!凄い嫌がらせ。
 たとえれば、
 「あんたなら絶対恋人見つかるって」
 「じゃあお前がなってくれ」
 「いやアタシ彼氏いるからだめだから」
 みたいなもんです。

ま、主にあさぎがちょっとね…凄い子でした。


素直に面白かった面も大いにありましたし、
でも突っ込みどころも満載で、読む人によって
楽しみ方が変わってくるかと思った作品でした。
様々な意味で楽しく読書したい時にはオススメです。
| [BL・小説]吉田珠姫 | 22:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |