-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2006年 BL小説読了リスト | main | 『裏大奥でござる』/斑鳩サハラ(桜城やや) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『年下の男』/椎崎夕(高久尚子)
今年開拓したい作家に上げた椎崎さんですが、
この本の表紙に引かれて読んだのがきっかけでした。

ある作家にはまった理由が「表紙買い」って、
意外と存在すると思うのですよね(正当化)。
表紙でどんな話か分かるところって多分にありますもの。
…そう考えると、出すほうは「このイラストが合う」と皆が
思うよう、セレクトすると言うことでもあるのか。
そう考えると腐のイメージ共有は近いのかな…。

ま、それは置いておいて、感想です。




年下の男
椎崎 夕著 / 高久 尚子イラスト 大洋図書 (2006.3)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
大澤敬(おおさわ・けい)と館上(たちがみ)の出逢いは最悪だった。
通勤電車で敬は館上に痴漢と間違えられたのだ。
その数十分後、ふたりは上司と部下として再会し、おまけに、
どんな偶然かふたりは同じアパートの隣人でもあった。
気の強い敬に、人の好い、そのくせ複数の男女とつきあう館上。
対照的なふたりだったが、いつしか親しくなるうちに、
酔った勢いで関係を持ってしまって…

*   *   *   *   *   *

タイトルどおり、年下攻めの王道です。以上。
特にストーリーに目新しい!斬新だ!というところは
ありませんでしたので、もうそれで十分かと…。(酷い)

では、なぜこの人を開拓しようかと思ったか。
それは人物描写と言い回しに光るものを感じたからです。

まず、人物描写は、「すらりとした長身」とか、
「すっと通った鼻梁」のようなありがちな容姿の描写がないこと。
これ、けっこうすごいことだと思うんですよね。
挿絵があるとは言えど、文だけで容姿のイメージを
考えさせる(妄想させる)力がなければいけませんから。

そのイメージをつくるもとになる、性格の描き方も上手い。
例えば、敬は悪く言えば「ぶっきらぼう」「辛辣」ですが、
見せ場のシーンではそこが長所としてうまく働いていました。

言い回しの点では、とにかくセリフが読みやすい。
漢字が少ないのではなく、テンポをつかんだ句読点、
言葉につまったときや、働いている時に交わす言葉の
端々に、とてもリアリティがあります。

そうそう、働いているとき、といえば昨今のBLでは欠かせない
ワーキングの描写についても並み以上。派手さはありませんが、
働いている人を等身大に描いていて良い感じです。


と、褒めるだけならいいのですが…カップル的には、
攻めの館上がかなりいやな奴だと感じてしまいました。
短所はあんまり長所に転じられず、惚れたら手段を選ばず
すがる年下男のヘタレっぷり、卑怯さが嫌。
(このタイプ、同じことを繰り返しそうだよな。)
館上がいけ好かない奴の分、敬がとってもきっぱりとした
いい男に見える効果はありますけど(笑)

よってカップル的にはそんなに好きでもないのですが、
椎崎さんのの魅力が分かった作品でした。

うん、他のも早く探して読もう…
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |