-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2007年2月新刊購入予定リスト | main | 『エス』シリーズ/英田サキ(奈良千春) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2006年 下半期 worst5
一部でリクエストのあった下半期worst企画です。

前回上半期をやったとき、個人的にはとても楽しんで(オイ)
書いたのですが、まあ、気分よくはないだろうから
コメントもないだろな〜と思っていたのですが、
意外と批判もなかったので、それに甘えて第2弾です。

前回と同じく、ランキング形式&10段階評価と、
ちょっと辛口テイストでお送りします。
あんまり好きじゃない人はご覧になりませんように。
それでは以下、お好きな方だけお付き合いください。



worst5
『トンデモ!?美少年鑑定団』

紫藤あかり(杉本ふぁりな)
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (作品自体は5、しかし…)

タイトルからしてもうプンプンに感じるトンデモを
期待していたのですけれど、意外と中身はまともでした。
美少年が鑑定されて、何らかの精神的な欠点で減点されて、
でもってその欠点のもとになる原因(カップルの片割れ)が
出てきて大団円…みたいで、意表をついた面白さ。

しかし、不満な点は…上記の意外とまとも、であること。
期待してたのにたいしたトンデモじゃねーじゃねーかーっ!
著者にとっては非常に理不尽な怒りかもしれないですが、
もっと貪欲にトンチキ道を突っ走ってもらいたかったのだよ…。
あと、お笑いの司会者・気だるげなアシスタント、
ベテラン俳優…キャラもタイトルも、酷似したご長寿番組から
よく訴えられなかったな、と冷や冷やさせられた点ですかね(笑)

ガッカリ的ワーストということでランクインです。

worst4
『法律事務所に恋が咲く』

樹生かなめ(富士山ひょうた)
★★★☆☆☆☆☆☆☆

オススメしてくださった方には申し訳ないのですが、
読んでいて、大層自分と合いませんでした。
あとがきでご自身が書かれているように、
テーマはとにかく「奈良=鹿」。
書いている本人は楽しんでいるのかもしれませんが、
奈良の人を思うとついていけなかった…この勢いには。
(私の脳内にも「大仏、鹿」というイメージが強いことへの
無意識での罪の意識が働くせいかもしれませんが…。)
しかも攻め、人の話きかねえし…樹生さんのキャラは
強烈な分、嫌いになると覆すのが難しいですね。

worst3
『ためらいの結末』

坂井朱生(高嶋上総)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (イラストで+1)

ためらいの結末は、どうでも良い結末でした。
と言ったら言い過ぎかな?高嶋上総さんの素敵な表紙に
引かれて買ったのですが、筋自体が既に苦手…。
「全寮制で厳しくてお菓子を持ち込むのも大変!
 毎日が風紀委員との戦い、よりによってその風紀委員が
 同室で…もう大変っ!」みたいな。(書いてて寒イボたった)
全寮制をこんな形でしか使えないなんて…哀しい。
キャラも印象を強く見せようとしているのでしょうけれど、
結局親友以外は印象に残らないキャラだし、トンデモもないし…
年のせいで学園ものがつまらないのか?きっとそうだ、
そういうことにしておこう。と思った作品でした。

worst2
『極東プリンス』

小川いら(せら)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (小川さんに同情で+1)

苦痛に耐え忍びながらなんとか読み終えた後、
出版年を見て驚きました。2004年ーー!?
絶対この古臭い雰囲気は90年代のBL迷走の時期かと…
「恋心」や「ランチタイム・シンデレラ」は
楽しめたはずの小川さんなのに、これは辛い!
ありがちを別の意味で凌駕してあり得ないです。
しかも内容も薄く、読み終えたら何にも頭に残らない。

これは多分、花丸文庫がいけないと思います…。
こんな「ええっ、僕は実は某国の王子だったのか!」なんて
花も恥らう乙女ですら妄想しないお話を出させていること自体、
花丸がいまでも方向性を打ち出せていない要因のひとつかと。
せっかくあんな良いお話も書けるのに出版社がだめじゃね…。
新刊で買っていたら投げ捨てていたかもしれない作品でした。

worst1
『極楽浄土はどこにある』

樹生かなめ(神葉理世)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ほんの少し以前触れましたが、昨年のドン引き大賞作品。
話を聞かない男×話の通じないお坊さん。
登場人物の心情がわからず、読んでいて非常に辛かった。
よく最後まで読めたと自分を褒めたかったです。

そして一番私の苦手なプレイである異物挿入。
バ○ブはそのための用途の道具だからまだいいとしても
大根はいやっ…!触手も大概苦手なのですが、
これに比べれば何だってマシなような気がします。

ピアスならではのエロがあればなんでもありな姿勢と、
チャレンジャークイーン・樹生かなめさんの勢いが
結合した、ものすごい作品でした。
残念ながらついてゆけず白目になってしまいましたが。

参考・白目
sirome2

worst5・4は全く平気、という人もいるかもしれません。
あんまり万人にオススメしたくないのは3・2。
チャレンジャー精神あふれる人だけに1はオススメします。
以上、2006年 下半期 worst5でした。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2006年 | 22:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |