-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2006年 下半期 worst5 | main | 『こゆるぎ探偵シリーズ』/たけうちりうと(今市子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『エス』シリーズ/英田サキ(奈良千春)
ようやく読みました…。

先週の土日は1泊で出かけてきたのですが、
そのお供たちは『エス』『エス 咬痕』『エス 裂罅』。
それとBL以外の1冊で計4冊で大丈夫だろうと
思っていたのですが、自己分析が甘かった…。
エス以外の1冊を行きで読み終わってしまい、
エスに手を出したらもうやめられないとまらない。
のんびりしに行ったのに、夜中に「続きはー!?」と
心の中で叫ぶはめになってしまいました。

帰って即座に『エス 残光』を読んだことはいうまでもありません。

はあ…なんとも濃い話でした。
昨年のベスト常連は伊達じゃありませんね。
以下、遅くなりましたけどもろネタバレ感想です。



エス
エス
英田 サキ著 大洋図書 (2005.2)
[BK1] [Amazon]
[エス 咬痕] [エス 裂罅] [エス 残光]

☆あらすじ(エスのみ)
通称「組対5課」の刑事である椎葉昌紀(しいばまさき)は、
拳銃の密売情報を収集する、言わば拳銃押収のスペシャリスト。
その捜査方法はエス(スパイ)と呼ばれる協力者を使った
エス工作による情報収集活動に重点がおかれている。
椎葉は暴力団・松倉組に籍をおく男を情報提供者としているが、
ある日、「お前のエスに気をつけろ」と電話がかかってくる…

*   *   *   *   *   *

登場人物の心情とか、物語の筋の面白さは色々なところで
くわしく紹介されているのでカットして(おい)、
何故こんなに感動するのか、と言うことに焦点を当てます。

感動のその最も大きな要因は、『信頼』だと思います。

BLでよくある友人同士・同僚の恋ならば、それまでに
なんらかの信頼が成り立っている関係ですよね。
(友人だって同僚だって根底には人間同士の信頼があるはず)

しかし、『エス』の椎葉と宗近(読み:むねちか。
あらすじで出ていませんがこの男が攻めです)の場合は、
何もない状態から仕事によって築かれてゆきます。
そのうえ仕事がエスと刑事という、絶対の信頼が必要な世界、
銃の取締りという緊迫感が命がけの世界でよりそれは強固で
なければならない絆を必要としているのです。

しかし椎葉は人ですから弱く、他のキャラたちに
揺さぶられて信頼が揺らぐことが度々あります。
そんな不安定な椎葉をときには優しすぎるほどに優しく、
時には辱めの形をとってでも支える宗近。

そんな彼らを四巻にわたって見つめ続けることで、
築きあげられ、深く強い信頼と、その関係を基にした
二人の恋愛をみることで、強く感動を覚えるのだと思います。

それが結果的に焦らしプレイとなっていようとも、
4巻でようやく口から出た椎葉の愛の言葉によって
より深く感動させられるんですよね。
(感動と言うより、「ようやく言ったー!」なんて
気持ちのほうが強く感じられるほどに焦らしですが)
認め合った二人のHシーンはもう…歓喜の渦でした。
BLって、最高ですね!


以上のように、メインキャラ二人の関係も熱いのですが、
脇キャラもすごく個性的で濃い面々です。
愛しあっていたのにすれ違っていた、二巻主役級の永倉と小鳥遊。
椎葉の義理の兄篠塚に、宗近の弟に…数えたら
きりが無いくらい、印象的なキャラがいっぱい。

これを前にすると英田さんの別の著書の一部が
レベル低いと比較されてしまうのも仕方ないかも…。

強いて惜しかった点を上げると、椎葉視点がほとんどなので
(せいぜい宗近視点が1巻におまけであるくらい)、
他のキャラの視点でのお話も商業誌で読みたかったなぁ。
同人誌で出ているのかは調べてませんけども。
まあ、もっと彼らの話を読みたいってことなんですけどね(笑)


ゼロからスタートして、信頼と恋を両立させる。
BL永遠のテーマを見事に描ききった、素晴らしい作品でした。
いまさらながらオススメです。
| [BL・小説]英田サキ | 22:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |