-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『エス』シリーズ/英田サキ(奈良千春) | main | 買ったり読んだり日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『こゆるぎ探偵シリーズ』/たけうちりうと(今市子)
私のBLサイクルは、読むスピード>感想を書くスピード。
なので、どうしても感想を書きたい本が時期的に重なり、
後で書こうっと、と思ったまま棚にしまって
そのまんま、というケースが非常に多いです。

証拠に、去年の感想(小説のみ)が151点で、読了数が約500点。
3分の1以下しか感想が書けていないんですよね…
(もちろんつまらなくて書かないってこともあります)

そんなわけで今日は、書きこぼれていた本をご紹介です。
また大好きな近代ものです。




若旦那・空を飛ぶ こゆるぎ探偵シリーズ1
たけうちりうと著 小学館 (2001.3)
[BK1] [Amazon]
若旦那と愉快な仲間たち―こゆるぎ探偵シリーズ〈2〉
若旦那・危機一髪!―こゆるぎ探偵シリーズ〈3〉
野原のロマンス―こゆるぎ探偵シリーズ 番外編

あらすじ
大正時代、長男が家業を継ぐのが当たり前だった頃の、小田原でのお話。
大工の若棟梁・一色祐太朗(攻め)、酒造屋の小由留木楓(受け)、鳥屋の邑居郁、
荒物屋の善田太郎、写真館の設楽塙衛、剣道の道場の加納斉彬。
その長男ばかり六人が集まって、道楽半分で始めたのが
『こゆるぎ探偵倶楽部』である。
新春早々の依頼は、小田原中の校長を務めたこともある、
人格者・伊原木教授の浮気疑惑を探ることだった。
後半では、郁が客に届けた鳥たちが籠ごと盗まれる事件が頻発。
だが話題は呉服屋の美貌の娘の方に脱線し…

*   *   *   *   *   *

小田原って通過したことしかなく、なんとなく
字面がおおらかなイメージをもっていましたが、
そのおおらかさのイメージのままの近代ものでした。

私、たけうちさんの作品は好きと嫌いがはっきりしているのです。
(そんなに多くは読んでいないのだけれど)
で、もちろん、これは好きでした。

一応探偵ものなのですけれど、探偵と言いつつ、
片手間の道楽なので肩肘張らなくて良いですし、
短編形式なので凄く読みやすいです。

恋愛に関しては、持ち込まれる事件にリンクしてゆく形で、
楓と祐太朗の関係が次第に深まってゆきます。
祐太朗は放蕩息子、楓は旧制の高校生、そして互いに長男。
あまり良いとは言えない恋愛環境の中で、どうやって
互いの意識を確認し、はぐくんでゆくか…それも見所です。

また、あらすじにもあるように、6人集まってのこゆるぎ探偵倶楽部、
ゆえに6人全員の人物がしっかりと描かれているのも良いです。
焦点がカップルだけではないって作品、好きなんですよね。

大正と言う時代設定も好きですし、これはBLもBL以外も
そうなのですが、時代物と言えば人情が欠かせません。
その人情がしっかりとあり、心地よい読後感。

1巻後編の鳥屋の郁ちゃんが呉服屋の美貌の娘に
惚れてしまうお話なんて、BLと言っていいのか
分かりませんけれど、とても良いお話でした。

大正時代の、おっとりとしていた地方…うーん、浪漫でした。


あとは…あ、そういえば、珍しく時代物にしては
はっきりとしたセックス描写がありましたね。
私はここで吹き出してしまいました。
だって、いくら時代物だからって、刀身(男性器)とか、
太刀先(先っぽ)とか祝砲(射精)は…ちょっと(笑)
そんなところまで無理に時代物にしなくていいのでは…。
『俺の銃が火を噴くぜ』ならわかる気もしますが、
『俺の刀が身を切るぜ!』じゃ困る…痛いじゃん。

大正時代などのレトロな時代がお好きな方にはオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:19 | - | - |