-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オヤジ年齢のアンケートについて | main | 『恋する暴君』/高永ひなこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『挑発の15秒』/秀香穂里(宮本佳野)
こゆるぎシリーズ同様、去年の読了本です。

読み終わってから結構時間がたつのですが、
読み直さなくてもほぼ完璧に覚えていました。(固有名詞は忘れる)
自分にとってお気に入りの作品ってのは
そういうものなのでしょうかね。

この作品のカップルはCMプランナー同士なのですが、
CMも一瞬なのに覚えるものと忘れるものがありますよね。
ジャンルが違う創作物ですが、その点は似てるかも。
(ちなみにこれを書きながらアミノ式のCMの、
駅のホームで回る女の子のを思い出しました。)

ま、それは置いておいて、軽くネタバレ感想です。




挑発の15秒
秀 香穂里著 徳間書店 (2005.1)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
大手広告会社の敏腕CMプランナー・保坂一彰(ほさかかずあき)は
大きいCMの仕事をかけて社内コンペを競うことになった。
ライバルは職人肌なフィルムで定評のある、
年下の同僚・風間仁志(かざまひとし)。
保坂を追うようにマンションの隣室に越してきながら、
会社ではクールな態度で突っかかってくる男だ。
しかし、ある日酔った保坂がモデルの設楽と一緒に
自分の部屋に帰ってきたことを風間に目撃されて…

*   *   *   *   *   *

話の筋を思い出してみて、やっぱり秀さんの作品の
ワーキングぶりは素晴らしかったなあと再認識しました。

この作品でCM業界のお仕事、かなり楽しませてもらいました。
そういえば同じく秀さんの作品、『陵辱と純情にゆれる獣』も
同じ映像業界ですが、私は『挑発の15秒』のほうが好きです。

なぜかって言うと、二人の関係が同レベルのプランナーとして、
仕事の面でライバル意識を持っているからです。
『陵辱と〜』は依頼する・されるのパワーバランスが
はじめっから決まってしまっているので、タイトルどおり、
ちょっと鬼畜な関係で始まってしまうのですよね〜。

それよか、全く異なった魅力のCMを作る同じぐらいに力を
認められた二人の男が張り合って火花を散らすほうが
私のワーキングLOVEの好みなのかもしれません。
互いに認め合って、意識することで高めあう関係と言いましょうか。
(そのせいか、許可証シリーズみたいな張り合いも大好きです。)

張り合った結果=コンペの結果もお気に入りでございます。
劇団つきかげと劇団オンディーヌが両方東京代表に
なるくらいにありえない事だろとは思いましたが、
一応決着はちゃんとつけていましたもの。
(ガラスの仮面読んでないとさっぱりですね、この例え)
くりえいてぃぶなお仕事ならではの決着のつけ方かな。
彼らが協力し合った後のCMは見てみたい気がする。


また、ワーキングのみならず、恋愛面でも楽しみました。
鈍い&軽い受けと、回りくどい攻めの不器用な恋愛と
ライバル関係が入り混じっていて、当て馬も居て…
よく見かけるような話かもしれませんが、これは
風間のキャラが徹底していて良かったです。
宮本さんの描く風間は文のままの性格がにじみ出ていてぴったりでした。

あ、蛇足ですが、攻めも受けも男っぽい名前なのもグーです。
受けの名が中性的であることの意義がよく分からないもので…。
(男同士っぽい名前の作品が秀作品は多い気がする)

クリエイティブなお仕事のBLをお探しの貴方にオススメの1冊です。
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - |