-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『恋する暴君』/高永ひなこ | main | 『傍若無人なアプローチ!』/北川とも(稲荷家房之介) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『吸血鬼と愉快な仲間たち』/木原音瀬(下村富美)
ようやく昨年末の新刊を読み終えました。
(新刊で買う意味があるんでしょうかね…)

木原さんの小説は読むのに覚悟がいるのですが、
この本にはかなりためらわせていただきました。
ためらいの元、それは『愉快な仲間たち』。

木原音瀬流の愉快…とっても痛い仲間が出てくるに違いない!
なんて邪推をしていて、手を出すのがかなり遅れたのですが、
木原さんの新しい魅力を感じた、とても良い作品でした。

ネタバレ感想は以下です。




吸血鬼と愉快な仲間たち
木原 音瀬著 蒼竜社 (2006.12)
[BK1] [Amazon]

鹿代は解凍庫で輸入肉に茶色い物が交じっているのを見つけた。
それは凍った蝙蝠だった。上に知れたら全ての輸入肉を再検査、
なんて面倒事になり兼ねない。鹿代は迷わずゴミ箱に捨てた。

その夜、精肉工場の女子トイレに全裸の外国人の男が現れた。
男は逮捕され留置所に入れられるが、翌朝には姿を消していた。
蝙蝠を一匹残して…。

その蝙蝠は、刑事の惚滑谷(ぬかりや)の手を渡り、
その友人・暁(あきら)に預けられることになったが、
また暁の家で全裸の外国人の男が現れて…

*   *   *   *   *   *

鹿代って誰だよ、とあらすじを読んでまず思いました。
そもそものあらすじでは、「蝙蝠を一匹残して…。」で
終わってるんですよ。
攻めも受けも名前が出てこないBLのあらすじの誕生です。
さすがチャレンジャーの作品、あらすじも
常識破りのあらすじです。やるなぁ、蒼竜社。

さて、あらすじもぜんぜんBLっぽくないのですが、
中身もぜんぜんBLっぽくありませんし、初めのうちは
まるでBL以外の地味なラノベのようでした。

けれど、やっぱり木原音瀬は健在でした。
人間の愚鈍さを凄くはっきりと書いているんですよね。

まあ、あんまりネタバレしたくないので、
鹿代を例に挙げてみますと、蝙蝠を見つけて検査になったら
厄介だからポイ、なんてどこかの大企業でも
やっているような愚かなことなんですが、
それをためらわずに書くところが凄いと思う。

BLの多くは、切なかったり痛かったりする感情までは
書きますけれど、全員がもつ人間の根底の汚さとかは
あまり書かないもんじゃないでしょうか。

蝙蝠(=アル。一応主人公で半分吸血鬼)を逮捕した警察官の
態度だってそうだし、アルと対面した暁の反応も、
BLではめったに見ない、「現実世界の感覚」があります。

滑稽でありえない話の中でも感情や行動に
リアリティがあるのがつまらないコメディ作品と
違って、より強く感情に訴えるのだと思います。


…残念ながら、BLでもっとも強く訴えるべきラブには
この単行本の中で到達していないんですけれども。
まあ、リアリティ抜群の非人間的人間の暁が
吸血鬼のアルとやってけるようになるってだけで
凄く感動してしまえたのですけれどっも。安い男だ。

切なさで言えば、アルの吸血鬼になってしまった苦悩など
存分にありますし、木原さんを読んだことのない方にも
入門書としてオススメしやすい作品かもしれません。
文体も平素より軽めで洒脱な感じがして読みやすいかも。

とはいえ身体的にグロいところもありますけど、木原さんの
極限の心の痛み描写に比べればまだ私は耐えられました。

Amazon のマーケットプレイスに1冊もないってところが
凄いですね。これは今まで出初めてみたケースかも…。
ぜひ一読をお勧めいたします。

蛇足。
BL世界広し、けれどエンバーマーがBLに登場するのは
きっと初めてのことではないでしょうか。
最近は『黒鷺死体宅配便』や『死化粧師』などのマンガで
取り上げられたエンバーミング・エンバーマーですが、
小説で読みたい方にはこちらのシリーズが私のオススメ。

EM(エンバーミング) [BK1] [Amazon]

もう10年程前の作品ですが、これを読めばエンバーミングに
ついての知識は十分ですし、小説も面白いのでオススメ。
雨宮さんはこのシリーズ4作しか書いてないのが残念です…。
エンバーミング自体が気になったらついでにどうぞ〜。
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |