-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 腐ったシナプスの日常 | main | BLレーベルを並べてみた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『お気に召すまで』/水無月さらら(北畠あけ乃)
なんだか最近、オヤジオヤジばっかり言っている気がしますが
今日もしつこくオヤジ本でございます。

なんでしょうねぇ…このとり憑かれようは。
昔っからオヤジスキーでしたが、去年のワンコの流行に
負けず劣らず、オヤジがマイブームです。
いや、ずっとブームはブームでなくマニアですね。
マニアを自認したくなるくらい、愛しています、オヤジ。

さて、今日は先日の分別で行くと、「3」の完璧タイプですね。
何でも出来るタイプは好きじゃないんですが、
このオヤジはなかなか面白かったのでご紹介です。

お気に召すまで
お気に召すまで
水無月さらら著 徳間書店 (2001.07)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
大手建設会社に入社して3年の松永慎也(まつながしんや)のプライドは
新しく赴任してきたエリート上司・久我山(くがやま)に、
毎日怒られてばかりでぼろぼろだ。そんなある日、
久我山はなぜか慎也に誘いをかけてきた。
OKしたらこれから優しくしてくれるかもしれないと
思いOKしたが、相変わらず仕事に厳しい久我山。
なのに夜には巧みなHで甘やかされて…。

*   *   *   *   *   *

仕事と言い、スマートさと言い、顔と言い、
通信簿で言えばオール5に近い久我山なのですが、
楽しいのは「愛し方」に屈辱の「1」が付いていること。

部下の慎也に恋し、彼の仕事への才能を認めつつも、
慎也を育てるような褒め方もできずに闇雲に傷つけ、
私生活ではただひたすらセックスと甘やかすだけ。

久我山の場合、悪意があってしているのではないのですが、
ちとこれは…慎也には同じ男として屈辱の愛され方ですよね。

いわゆる「女扱い」(この言葉好きじゃないけれど)だもの。
いや、手抜きといってもいいかもしれませんね。
同じ会社でも業務や軽い気持ちでの職場恋愛だったら
これもありかとは思うけれど、同じ道を歩む人間同士で
これは不味い…慎也が嫌になるのも仕方ない気がします。

でも、部活でもバイトでも仕事でも、下に人がつく立場に
なったときに、人を叱る、指導するということが
どれだけ難しいかと言うことが良く分かるんですよね。
それに加えてメロメロの年下の恋人とくれば…
私情を挟まないのは難しいと言うものです。

一応久我山はオヤジとして分類しましたけれど、
まだ33才だからこのくらいの欠点があるほうがいいですよ。

最終的にはその欠点がきっかけで慎也に逃げられて
自分のダメさを悟り、ようやく「完璧」な自分を脱ぎ捨てて、
恋人への接し方、仕事仲間としての付き合い方を習得します。
ここのくだりがなかなか新鮮でよかったです。

完璧タイプが「完璧」という単なるステータスで
終わってしまう作品も少なからずある中で、
完璧だった男が恋にはまり、ようやく恋が出来るように
なるまでの過程を両者の視点・立場から描いた、
珍しくて面白いテイストのお話でした。

えっ、受けの慎也君についての感想ですか?
そーねー…久我山にしか目が行ってなかったけれど、
今風の若者らしさが出ていてコントラストとして
良いキャラではないでしょうか。(適当)

ただ、水無月作品を読んでいて思うのですけれど、
受けが無駄に世慣れている…というか女性関係に
ゆるいのはどうなんだろう、と思ってしまいます。
女好きが男とそんなに簡単にセックスするのか?という
BLでしてはいけない質問をしてしまいたくなりますので…
ゆるい=セックスにゆるいという図式なのかもしれませんが。

水無月作品の中では上位に入る楽しさでした。
ちょいと変わったオヤジタイプをお探しの方はどうぞ〜。
| [BL・小説]水無月さらら | 23:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:25 | - | - |