-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『お気に召すまで』/水無月さらら(北畠あけ乃) | main | 親方、ではなくてお館もの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLレーベルを並べてみた
2/11、コバルト文庫追加。

語るほどのものじゃございやせんが語らせて頂きやす。
こんばんは、浅田次郎の天切り松シリーズを読んでたら
こんな書き出しがしたくなったaya-meです。

そういえば好きなレーベルをあげたことはありましたが、
1つにまとめたことはないのでちょっと雑感・思い入れを
こめて書いてみました。
結構長いので折りたたみます。



☆非常にお気に入り
二見書房 (シャレード文庫/コミックス)
 ・ハズレが比較的少なく、シリーズものが多い。
 ・コミックスと文庫の出版点数の差が激しい。
 ・裏絵がないため、店頭で買いやすい。書店員には分かっていても。

竹書房 (ラヴァーズ文庫/バンブーコミックス)
 ・エロが優先レーベルの中ではストーリーがまともである。
 ・文庫は奈良さんのペーパーで販促されている感がある。
 ・ちなみに私もペーパーはとっている。

新書館 (ディアプラス文庫/コミックス)
 ・エロがちょっと苦手…な人も安心して読める。
 ・しかし、コミックスの「是」など濃いのもある。
 ・ほぼ専属の作家が多い気がする。

大洋図書(シャイノベルス/ミリオンコミックス)
 ・シャイノベは小説で一番スタイリッシュな装丁。
 ・内容もエロの濃さもまちまちだが、総じて質が高め。
 ・ここでしか書かれない様な話も多いのでイチオシである。

蒼竜社 (ホリーノベルズ)
 ・別名コノハラノベルス。今のところ木原作品しか扱っていない。
 ・この方向性に諸手を挙げて賛成なのでぜひ現状維持で突き進んで欲しい。
 ・できれば絶版の版権を買い取って新装版も充実させれば言うことなし。

徳間書店 (キャラ文庫/キャラコミックス)
 ・シャレードと同じくハズレの比率が低く、シリーズものが多い。
 ・高い確率で口絵のカラーが裏表にあり、好きな絵師だととてもお得。
 ・味で言うならプレーン。未読の作家はここで試し読みをオススメ。

☆お気に入り
リブレ出版 (BBC/SBBC/BBN/SLASH)
 ・旧ビブロス。つまりBL専門の出版社で最大手である。
 ・「やっぱりビブロスのほうがしっくりくる」と思っている。
 ・が、それは好きであることの裏返しである。(ツンデレ?)

角川書店 (ルビー文庫/あすかコミックスCL-DX)
 ・古典的名作とエロ強め路線でレーベルが異なるかのごときレーベル。
 ・最古参だけあってタクミ君シリーズ、フジミシリーズなどの
  人気シリーズがあるため、知名度はかなり高い。
 ・あすかも最近はロマンチカのようにエロがばっちりあったりする。

東京漫画社(マーブルコミックス)
 ・ユニークな作品を描く新人作家を次々と発掘する。
 ・出版点数が少ないのが玉に瑕である。
 ・日本野球界のように青田刈りの場にならないことを切に願う。

幻冬舎 (ルチル文庫/リンクスロマンス/バーズコミックス)
 ・BL以外でも後進ながら頭角を現した会社だけあって強し。
 ・ルチルは無節操と言われても仕方ないほどの作家召集。
 ・その一方でリンクスはなかなかレベルの高い新人を発掘している。

成美堂出版(クリスタル文庫)
 ・良質の作品が多い傾向にあり、作家陣も豪華である。
 ・が、営業力が弱いのか、店頭では新刊さえも見られないこともある。
 ・剛しいらさんの新刊も私は現物で見かけられなかった。

☆普通
講談社 (X文庫ホワイトハート)
 ・エロ薄めだがないわけではない、中途半端な立ち位置。
 ・シリーズが長期化する傾向にある。
 ・入門書としては読みやすい物も多い。

フランス書院(プラチナ文庫/f-LAPIS/LAPIS more)
 ・とにかくエロ優先で潔い。
 ・作家の味を消してしまうか、新しい道を開拓させるかである。
 ・なぜか英田さんはここが単行本デビューである。

海王社 (ガッシュ文庫/コミックス)
 ・作家も出版点数も並以上なのになぜか印象が薄い。
 ・まだ日が浅いので、これからに期待。

雄飛(アイノベルズ)
 ・ときに単発でスマッシュヒットを出すが、後が続かない。

笠倉出版社 (クロスノベルズ)
 ・上に同じ。良作に限って絶版、が多すぎる。

マガジンマガジン (ジュネコミックス ピアスシリーズ)
 ・猪木もびっくりのエロがあれば何でも出版できるレーベル。
 ・作品の質がどうとか、そのような価値観は無意味である。

芳文社 (花音コミックス)
 ・コミックスの質はなかなか高めである。
 ・が、スタンスが良く分からないため思い入れもない。

集英社(コバルト文庫)
 ・小学館のパレットと同じく、ジュニアとの狭間から派生。
 ・よって、必然的にエロは薄めになっている。
 ・ここのカラーを(肯定的に)一言で言うと、「麻生玲子」。

☆何冊か持っているけれど
心交社 (ショコラノベルズ/ハイパー/ショコラコミックス)
コアマガジン(ドラコミックス)
ワンツーマガジン社(アルルノベルズ)
フロンティアワークス (ダリア文庫/コミックス)
茜新社(OPERA)
ムービック(ゲンキノベルズ)
イースト・プレス(アズノベルズ)
 ・とくに語るほどの思い入れはない。

オークラ出版 (プリズム文庫/アクアノベルズ/コミックス)
光彩書房 (光彩コミックス)
松文館 (ダイヤモンドコミックス)
 ・男女兼用、つまりゲイ層も視野に入れていると思われる3社。
 ・が、過激さならBL以上の体験がいくらでもあるので、
  わざわざBLを読むゲイにはあまり需要がない気がする。
  むしろ腐女子だけどいかにもBLな絵が苦手な人が好みそうである。
  (というか、それは私の意見)

古川書房 (爆男コミックス)
 ・実にホンモノよりだが、もちろん私は嫌いではない。

☆好きじゃない
白泉社 (花丸文庫)
 ・過去の作品たちの中には好きなものもちらほらある。
 ・が、現行物は時代錯誤である。革新的な方向転換を望む。

リーフ出版 (リーフノベルズ)
 ・もっとも好きでないレーベル。
 ・「きゃんっ」と言いそうな受けのイラストが既に許せない。(偏見交じり)

☆無関心
日本文芸社 (花恋コミックス)
コスミック出版 (セシル文庫)
エンターブレイン(B's LOVEY COMICS)
学習研究社 (もえぎ文庫)
 ・買ったことがない・よく知らない。
 ・これからの動向に期待…できればよい。
 ・もえぎ文庫は学研の教材で勉強している子供の傍らで、
  母親がBLを読んでいる絵が浮かんでしまった。

大都社・実業之日本社・三和出版
レーベルすら知らない。
大都社が大都芸能の若社長と影の恋愛妄想小説だったら買うが。

哀悼
小学館 (パレット文庫)
 ・2007年1月をもって休刊。
 ・旧作は大切にとっておく所存。
(ラキアや小Juneも哀悼に入れたいのですが、時期でないので…)


*   *   *   *   *

ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした!
語るというより一覧になってしまいましたが、いかがでしょうか。
予想してたよりもはるかに多く、こんなに大変とはあるとは思わなかったです。
本当はもっとあるのかもしれないですけれど、
とりあえずはこんなところでご容赦ください。

皆様はどのレーベルがお好きですか?
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |