-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLレーベルを並べてみた | main | 其れはBLのタイトルに似て >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
親方、ではなくてお館もの
似たようなシチュエーション、名づけて館ものを
続けて読みましたのでまとめてアップします。

私としては親方のほうが好きなんですけどねー。
親方=ぶっきらぼうだけど人情話によわいおっちゃんで
皆に慕われるというプロトなイメージがあるもので…。
熟練工や職人という言葉だと、ストイックな中に溢れる
男の色気な印象にとても惹かれます。

…館ものとは全然関係の無い話でした。
それでは3冊続けてどうぞ。
3作品ともあらすじ&感想は少なめでお送りします。



1・『優しい檻』

椎崎 夕著 大洋図書 (2007.2)
[BK1] [Amazon]

あらすじ
ある寒い日、橋本樹(はしもといつき)は、樹が秘書を務める
彫刻家の山辺のもとへ同じく彫刻家の常盤正嗣(ときわまさつぐ)を
つれてゆくために工房を訪ねた。
だが、山辺の愛人として知られる樹への態度は冷たかった。
まっすぐな瞳で樹を好きだと言ってくれたのはもう遠い過去だったのだ…

さて、怪我と意思によりソフト軟禁です。タイトルの『檻』と
攻めの執着程には強く拘束性は感じませんでした。

檻の中ですれ違いを繰り返すだけで、実は、
かなりラブラブなストーリーに思えて仕方ありません。
当て馬や周りのキャラたちが強く絡んでこないため、
二人だけの時間が必然的に長くなるせいかもしれません。
(館もの全体の特色と言っていいかも…。)

ラブラブはいいんですけれど、周りの人のインパクトが
無いんですよねぇ…山辺の人形シュミぐらいでしょうか?
もっとオヤジの執着やら怨念やらが見たかったかも(笑)

2段組ですがスラスラ読めたので苦手でなければどうぞ。


2・『観賞用愛人』
観賞用愛人
高遠 琉加著 大洋図書 (2006.9)
[BK1] [Amazon]

あらすじ
ある朝目覚めると、加藤瑛(かとうえい)は雪深い別荘に閉じ込められていた。
そして、端整な美貌の持ち主である大学教授の
音無悠一(おとなしゆういち)がじっと瑛を眺めていた。
振り回していたのは自分のはずだったのに、
なぜ軟禁されるようなはめになったのだろうか…

こちらの作品はリアルに軟禁ものです。
受けがわっぱ(この言い方好き)で足をつながれています。

けれど、話を進めてゆくうちに、本当にこの館に
つながれていたのは攻めのほうだった…という点が
静謐に、けれど雪がじわじわと侵食するように綴られ、
まさにBLの館ものと言った感じがします。
静かなお話も好きなので、このテイストは好きです。

雪に閉ざされた山荘、壊れない程度に狂気を孕んだ人…
高遠さんってこのような閉鎖的な話がお好きなのかも。
次のシャイノベは『世界の果てで待っていて』の
続編になるそうなので期待しています。


3・『夜を閉じ込めた館』
夜を閉じ込めた館
夜光 花著 竹書房 (2007.2)
[BK1] [Amazon]

あらすじ
岸田智洋(きしだともひろ)は、あるパーティーで知り合った
椿(つばき)という男から別荘のドールハウスを造って欲しいと依頼される。
田舎の山中に建っている別荘は、車かヘリでしか通う事ができず、
智洋はドールハウスが完成するまで別荘に住み込むことになるが、
その間に、次々と事件が起こり拘束されるような状況に……。

夜光花さん、て言えば分かる人にはわかる作品です。
いつものように何らかの秘密を抱えており、それを
チラ見せしながら最後まで引っ張ってゆくと言う…
2時間ドラマにできるかもしれない作品です。

まあ、それは言い換えれば真相なんてわかっちゃったので
それほど『おお!』と思わなかったと言うこと。
BLでトラウマもちは標準装備に近いと思うので、
そこを焦点に焦らされてもフーン、だから何?と
思ってしまった自分がおりました。
(いや、実際にはこんなことあったらすごいんだけど)

エロもなんだか…べつにここで入れる必要ないんじゃ?
セックスアピール満点で過激なおねいさんだからって、
それが良いかと言うと「違う」感覚に似ています。
(例えば歌手の倖○來○さんとかね。)

イラストの小山宗祐(男性)さんのカラーは素晴らしかったです。
でも白黒になると質感、表情、身体のラインに色気が
足りないかな…まあ、個性的なだけにBLのテンプレ的な
アニメ絵よりははるかに良いんですけど。


てなわけで、好き度は、鑑賞>優しい>夜を、です。
装丁は3作品ともお耽美の雰囲気(耽美そのものではない)で
素敵なのでそこはすべてお気に入りですが…。
館ものをお探しのときはどうぞ。

P.S.私は親方ものが読みたいです。(しつこい)
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - |