-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 其れはBLのタイトルに似て | main | 『神官は王に愛される』/吉田珠姫(高永ひなこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『未来の記憶』『風の行方』/国枝彩香
2satu

Q.なぜ2冊あるように見えるのか?
1・本が影分身を会得している。 2・カメラが乱視。
3・ブラウザの故障。 4・間違って2冊買った。

…認めたくないですが4が正解です。
先日間違って既に持っている本を注文したのは
このシリーズです…フフフ…まあ、間違っても
読んで得したと思うほどに面白かったからいいか!
無駄に前向きってことで、感想です。




未来の記憶
[BK1] [Amazon]


風の行方
[BK1] [Amazon]

あらすじ
プロポーズに大失敗したカタブツ高校教師の熊谷健人(くまがやけんと)。
ヤケ酒をかっくらい、見知らぬ美人(男)と一夜を過ごしてしまう。
尋常じゃない色気で健人を誘惑してきたその男とは一夜の
関係…のつもりだったのだが、なんと翌日職場でその男、
香月瑛(かづき・あきら)と同僚として再会することに…!

*   *   *   *   *   *

BLにおけるリアリティの見せ方は2種類だと思います。

1つは、心理の過程。別にBLに限った話ではなく、むしろ
これは創作物の大前提で、痛みや苦しみ、喜びと言った
感情をどれだけ伝えられるか、と言う点。

もう1つは、どれだけBLという特殊な恋愛状況を
現実世界と平衡感覚を持って描けるかということ。
BLに限られた難しさはここにあって、このバランスを
保って描けるかが上手下手の区別の1つになると思います。

まあ、勿論こんなこと書いているのですからお察しの通り、
この作品のバランスは筆舌に尽くしがたき良いバランスでした。

全体的にはコメディの味付けで、これはないだろー(笑)、と
思うシーンもあるのですが、その反面、そこここに
ちりばめられているゲイが抱える状況がリアルだったりします。

それを良く表しているのが、1話で健人が理想の未来図を語るところ。

健人:「仕事から帰ってくると『パパー遊んでー』と
    足元にじゃれつくかわいい子供たち
    『お帰りなさい あなた ごはんにする?それともお風呂?』と
    優しく出迎えてくれるエプロンの似合う妻…(以下略)、
    笑いたければ笑え!平凡でちっぽけな夢だと」
瑛: 「笑やしませんて ゲイのオレにはその平凡な
    家庭すら望めないもんね」

瑛は重く深刻に言っているのではなく、軽くぽそっと
言っているだけなのですが、とても印象的なシーンです。
その気持ち、よーく分かるもの…!

ゲイの瑛が何度も、健人はどうせノンケだから、と
手放そうとするシーンでも、生粋のゲイとして
どうしても感じてしまうノンケがいつかは離れていって
しまうことへの恐れがよく描けていること!

ゲイ(受)がノンケ(攻)に愛されててもいつか愛がなくなりそうで怖い…
なんてのはBLのお約束の1つですが、その恋が発生すること自体
めったに無い、という現実を見ていない作品と違い、
身体から始まった関係だけにその関係性がとても危うくて、
リアルで、それでいてハッピーエンドに向かってるのだから
面白いし、凄いとしか言いようが無いです。


あと、もう1点面白かったのは、女性の描き方。
(リアリティの話ばっかりしていますが、これもその1つに入るのかな…?)

現実感を出しているだけあって、女性が多数登場します。
養護教諭にして健人の元彼女、健人に軽く恋をしている女生徒、
瑛の母親に健人と同居している祖母…、みんな健人たちの関係に
とっては障害だったりやっかいだったりする存在なのですが、
おのおのちゃんと生活して生きている感じがするんですよねぇ…

役割だけのためではない女性が描かれているだけで
嬉しくなってしまうのは…逆にそういう作品が少ないことを
憂えるべきなのか…まあいいや、面白かったから喜ぼう。

国枝さん、やっぱり揃えようっと。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |