-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 親方、ではなくてお館もの | main | 『未来の記憶』『風の行方』/国枝彩香 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
其れはBLのタイトルに似て
三連休最後の日は皆様いかがお過ごしでしたか?
私は休日出勤です。祝日だけど何も祝ってないです。

…ふん、休んだ人は今日の夜は憂鬱に過ごしているはずだけど
私はもう今週も五分の一終わっちゃったから爽快だもの!

…虚しいけれど言い方や呼び方を変えることは大切ですよね。

さて、祝日出勤の言い方なんかよりも出版社にとっては
もっと大事な言い換えである、本のタイトルについてです。

1文で全てを表さなければならないタイトルですが、
その中でもBLってとても特殊だと思うんですよね…。
笑いを狙ったのか真剣なのか分からないですが、
トンデモなタイトルも多い、この業界の書名は
どうやってつけているんだろう、と考えていました。

そこへきて、ダ・ヴィンチ3月号で参考になりそうな記事が!
(微妙に長いので区切ります)





『官能小説のタイトルは、誰がどのようにつけているのか?』

こっ、これだわ!しかも最近大爆笑したルポライターの
北尾トロさんが書かれていると来たら買って損なし!

…やっば、電車の中で読むんじゃなかった(笑)
こういのも勉強と言うのであれば、とても勉強になりました。

あんまり内容を羅列するのもどうかと思うので、
勉強になった点をいくつか上げておきます。

タイトルの決め方について
・編集者1人が1作品に付き20本の候補。
・たいてい3〜4人で絞り込むので60〜80のアイデア。
・いまでは100〜200の案を出した上で決まる事も多い。

えーっ、と剛しいらさんのセリフのように叫ぶとこでした…
BLのタイトルとどっこいどっこいと思っていた
あのタイトルの下にこんな多大な労力があったとは。

しかもこのお話は、BL読みにもなじみのある
由緒正しきフランス書院の編集者の話ですから、
あのラピスやプラチナにも同様の労力があると考えられます。

タイトルのつけ方について
・造語を駆使し、作家の個性に合わせ、出版社の色も出す。
・官能のワードは人それぞれだが、流行り廃れ、定番がある。
・定番は母、女教師、新興勢力は隣人、肛、など。

BLにはさすがに女教師や母は無いですが、まあ、
ちょちょいとひねれば、このように(↓)読めますよね。

BL以外ではめったに見ない単語(造語)を用い、
 作家の個性に合わせて、レーベルらしさも出す。
萌える関係性(=官能のワード)は人それぞれだが、
 流行り廃れ、定番がある。
・定番は「年下」「医者」、新興勢力は「ワンコ」など。
 (ちなみに廃れたのはアラブものや学園ものか?)

どちらの世界も似たようなものなんですね…。

ただ、BLでちょっと違うのは、関係性がそのまま
タイトルに現れる確率が低いことかな、と。
作中のフレーズを使った作品もありますし。

この差異は、2点ぐらい理由を考えました。
・出版社が直接的でなく、「そこはかとなく」のほうが
 女性は手に取りやすいと思ってつけたいのかもしれない。
・たまに著者のあとがきなどで見かけられるように、
 「タイトルを考えるのにとても苦労した」ともあるので、
 著者の意思もあって、ソフトになっているのかもしれない。

まあ、どんな理由にしろ、BLの出版社全ての
編集者が、1冊の本に対して100も200から
選んでつけるわけではないのでしょうけどね。

ともかく、BL業界のタイトルに関して少し邪推できました。
…でもなんで「ピーチにかぶりつきっ(ハート)」や
「アラビアンえっち」が企画を通るのかは以前謎です。

気になった方は見てみてくださいね〜。
ダ・ヴィンチだから立ち読みしても恥ずかしくないし(笑)

P.S.
文中で官能小説のタイトルがいくつか紹介されるのですが、
その中で私の最も気に入ったのは、『嬲姦』。
関係性もわけも一切何も分かりはしないのに、
なんとなく淫らな光景を思い浮かべさせてしまう
このタイトルが素敵です。……読みたくは無いけれど。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |