-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 寿たらこさんの挿絵ノベルス | main | 『きみが恋に堕ちる』『デキる男が好きなんだ!』/高永ひなこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ファイナルカット』/水壬楓子(水名瀬雅良)
JOA(日本オヤジスキー協会)の会員の皆様、こんばんは。
今夜も(私が)楽しいオヤジ紹介のお時間です。

何度かオススメされたこの作品を読んだのですが、
私にとって、この作品はパラダイスでした。

これだけヒゲ描写があったのは高尾理一さんの
「危険な指先、甘い誘惑」ぐらいかな…
徹底してオヤジ&ヒゲ!素晴らしいひとときでした。

ヒゲオヤジスキーのあなたにオススメしたい、
このコアな作品の感想は以下です。




ファイナルカット
水壬 楓子著 幻冬舎コミックス (2006.12)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
硬質な美貌と洗練された物腰から「クールノーブル」の異名を持つ
俳優の野田(のだ)は、鬼才と謳われる映画監督・木佐(きさ)と
身体の関係にある。始まりは6年前、木佐の作品に野田が
抜擢されたのがきっかけだった。木佐の才能に心酔し、
いつしか心までも奪われていた野田。
望むのは、いつか来るだろう木佐との別れの日が少しでも
先であってほしいということだけ…。恋人ではなく、
奔放な木佐のきまぐれで抱かれることに満足していたはずだったが…

*   *   *   *   *   *

このオヤジがね…表紙からして凄いでしょう!?
もみ上げとヒゲがつながっているオヤジなんて
BLでどれだけ希少価値が高いことか!
(もみ上げとヒゲがつながっている青年のほうが稀少か…)

そんなこわもてのオヤジなのに、なぜか可愛くて
仕方が無いってところが恐ろしいですね…。

遊んでいるかのように見えて実は野田ひと筋で、
自分の才能に絶対の自信があるかのように見えて
野田という役者に対しては焦りを感じている。
からかい上手なのだけれど実は自分もメロメロ。
気ままなようでいて、嫉妬深い面も見せる。
そして余裕のあるエロオヤジを気取っていながら
ガツガツしているというのがこの木佐の魅力!
ギャップに満ちたオヤジってなんて可愛いんでしょう。

水壬さんもさすがJOA認定作家(Tさん談)だけあって、
「硬いヒゲが首筋をこすり…」「チクチクとあたるヒゲの…」など、
コアなオヤジスキーをも悶えさせてしまうような、
絶妙のツボを押さえた描写を的確に入れてきます。

はあ…いいわあ、オヤジって。(うっとり)


ただ、俳優や演技の描写に関しては、仕事熱心なレベルだとは
思うのですけれど、『春抱き』や『顔のない男』に
比べるとちょっとあっさりとして感じられてしまいました。
前作があるために描写が少なめなのかもしれませんが…。
(「ラブシーン」は読んでいません)

特に監督と俳優としてのカラミが現在進行形でなく、
過去や近い未来ばかりなのが残念でした。
「クールノーブル」(笑)と呼ばれる野田の俳優の才能と、
「鬼才」と謳われる木佐の才能とがもっとくんずほぐれつ、
ガツンガツンとぶつかり合って欲しかったです。

野田が木佐に心酔しているからなんでしょうけど、
もう少し対等であろうとする野田の役者の自我が
あればよかったのに、と惜しんでおります。
ヒゲオヤジの作品についても、野田が感じたことは
丹念に書いてあっても、特に内容については
詳しく書かれていないのが悔やまれます。

…すみません、役者ものの基準がガラスの仮面(高!)なので
どうしてもそこまで求めてしまっていますね。
よってその点については評価は辛めかもしれません。

まあ、そのぶん、ガラかめでは読めない大人な恋愛は
十二分にありますのでご心配なく。
ヒゲオヤジラブなら問答無用で読みましょう。

P.S.水名瀬さんの描くオヤジのシャツ&Vネックが
いかにも業界人っぽくて素敵です。
もちろんオヤジに花を添えるバスローブもね!(笑)
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |