-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『ファイナルカット』/水壬楓子(水名瀬雅良) | main | 記憶連鎖 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『きみが恋に堕ちる』『デキる男が好きなんだ!』/高永ひなこ
こんばんは、すっかり高永ひなこ信者に成り果てたaya-meです。

最近行っていなかった自宅から少し遠いブクオフに
出張したら、この2冊が仲良く並んでいました。
1冊だけ買うなんて2冊の仲を引き裂くようでできないわっ!
と不憫に感じ、そのままつがいで買ってきました。

さすがに本でどっちが攻めとかは思いつきませんでしたが、
でもみらくるのーとんのように人格(本格?)が出たら
出来る自信はありますよ。(必要の無い自信)

ではでは、2冊合わせて感想です。



デキる男が好きなんだ!

角川書店 (2004.2)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ(表題作)
『デキる男』に憧れる慎吾の幼馴染みは、超優等生の広司。
眉目秀麗・頭脳明晰・何でも出来る幼馴染みが自慢の慎吾だったが、
最近どうも広司の様子がおかしい。そんなある日、
慎吾が尊敬するエリート会社員の従兄・修一の話が出た途端、
広司が突然慎吾を襲ってきて……

前にも書いたけど…高永さんのは受けキャラがほんと面白い。
表題作と「かわいい男が好きなんだ!」は、ストーリー的には
いたって普通で、我慢できなくなった攻めが犯してしまう話と、
その後のすれ違い話です。(強引にして普通っておかしいけど…)
なのに受けの天衣無縫な性格のおかげで、
不思議と暗さや苦しさと無縁なように感じてしまうんです。

本人の言を借りれば、「やられちゃったんだけどさあー
なんか腹立たないんだよねーフシギフシギ!」
そこまで達観できる君がフシギだ、慎吾…。

この二人の書下ろしが最後にもあるのですが、
これまた…恥じらいの無い慎吾がいっぱい。
・はだかでHの後に歩き回る
・「2回目する? たってるよこうじ!」

いくらデキる男でもこの受けにかかっては形無しですね…(笑)

他にも3点、短編が収録されています。
「カクシゴト」→BLで隠していることは大抵大した事ではない、の典型。
         表題作に負けず劣らずでラブラブ。
「ツボ探しのススメ」→壺探しではなく、変態道をまっしぐらな話。
           唯一この単行本ではHがない作品です。
「モノマニア」→刑法235条により10年以下の懲役又は50万円以下の罰金。
         合意があれば貸与になるからOKなのだろうか…?

どれもこれもひとくせあるコメディで、全体楽しめた1冊でした。

きみが恋に堕ちる

角川書店 (2006.10)
[BK1] [Amazon]

望月春が臨時教師として赴任したのは、かつて好きだったライバルの
主藤礼一郎の弟・司が在籍する高校だった。兄と同じ弓道を嗜み、
春に思いを寄せる司。そして再会してしまった春と礼一郎。
複雑に絡まった恋の糸は解けるのか?

一言で言うと、袴は萌えるよねってことです。端的過ぎざますか。

こちらもストーリー的には何も奇をてらったところがないのですが、
兄から弟へ気持ちがシフトしてゆく中で戸惑う春と、
自分より全てが上の兄にコンプレックスをもちながらも
春だけは渡したくないと言う司の心情が丁寧に綴られて、
とてもわかりやすい年下攻めの王道を突っ走っています。
誠実で一本気で男らしい年下攻めっていいですね。

ただ、コメディなシーンがほとんど存在せず、
高永さんにしてはシリアス傾向強めでした。
どちらの要素も好きなので問題ないですが。

でも…なんで袴ってあんなにエロティックなんでしょう。(結局それ)
たぶん、側面の隙間からチラッとその下が見えているのが
チラリズム万歳党の私に強く訴えてくるんでしょう。
それに、春が「ハカマは神聖なもの」と怒るのですが、
だからより脱がしたいんじゃあないのかね、君。(だれ?)
そこをちゃんと押さえた書下ろしが心憎い…。

というわけで、2冊とも異なる味ですが、
楽しめた作品でした。オススメです。

P.S.
きみが恋に堕ちるの兄編が連載されていた(いる?)そうで…
そちらも早く読んでみたいところです。
| [BL・コミック]高永ひなこ | 20:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - |