-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 男子バレーボールの話 | main | 12月購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「診察室でベルベット・タッチ」/井村仁美(桜城やや)
「初めてのBL作家を読もうキャンペーン」
大三元第3弾は井村仁美さんです。

これはイーブックオフで買いました。

オヤジでエロめかつ医者ものが読みたくなり
できればシリーズか長編が読みたかったところ
ちょうど良くひっかかりましたのがこちらの作品でした。

(そういう検索データベースがまじめに欲しいです。
自分で作れる技術があればつくるのに。)

実は高校生のころ読もうかどうか迷ってた作家です。
あのころは高校生ものに染まってましたから止めたんですが。
「オヤジの魅力がわかるのは大人になってから」ってやつですか?

では内容はっちゃけ感想です。
本当に今日のは子供の感想っぽいですw



診察室でベルベット・タッチ
診察室でベルベット・タッチ
井村 仁美著
講談社 (2003.12)
bk1で詳細を見る

あらすじ
関東広域暴力団矢嶋連合の傘下である黒沼組組長の次男・黒沼芳樹は跡取りの兄とは正反対に平穏な大学生活を送っていた。ところが組の掛かり付けの医師が不在中に怪我を負ったため、やむなく名のある総合病院を訪れることになる。周囲の冷たい視線に晒されながらヤクザの息子の自分を診てもらえるか不安になる芳樹。そんな芳樹を迎えたのは年若い院長・結城昭秀だった。なぜか彼のことが気に入った芳樹だが…。(表紙裏より拝借)


☆オススメ!(エロオヤジスキーにはオススメ!!)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


あんまり医者ものって読まないんです。
それは作者の医者プレイへの愛に
走りすぎてるものが多いからです(偏見か)。

それはスタート地点であって、
私はそれだけで萌えられるほど
医者プレイ好きではないのです。


それに若い医者がお医者さんごっこに
つきものの言葉攻めが上手すぎると
なぜか私は引っかかってしまうんです。
「やっぱり言葉攻めの巧者はオヤジでなければならない」
というオヤジスキーマがあるせいかもしれません。


そういう変なこだわりを持っていますが
この作品はツボでした!

オヤジ属性バッチリがまずいいです。

そして病室で事に及ぶまたは器具を使う場面はないのですが
精神は医者プレイにあふれているとでも言いましょうか、
名シェフがどんな材料でもこだわらずに
自分の料理法を出せるのに似ています。(ほんとかよ)


とにかく院長・結城の口調がいやらしい!

「いい子だ」
「そんなにいいのか?」
「こっちはどうだ?うん?」


子ども扱いは医者の基本中の基本ですが
わかってるくせにわざわざ聞くところが年長者の余裕ですね。
しかも2度3度繰り返すところがただもんじゃないですぜ旦那。

大人の余裕たっぷりなオヤジと子供な受け、
べただなーと自分でもあきれながらも好きなんです。

また桜城ややさんのイラストもいいんですこれが。
いやらしそーな目つきと口元が素敵です。


エロオヤジと呼ぶにふさわしいエロオヤジを見たり!


あとがきでわかりましたがこちら絶版となったものの
人気が高く加筆修正し、イラストさんも変更して出版されたそうです。
すらすら読めて楽しいですもんね。
人気が高いのもうなづけます。
(復刊といえば榎田尤利さんの復刊もご協力を。)


というわけで、☆オススメ!です。
| [BL・小説]井村仁美 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |