-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『まほろば恋奇譚 秘恋篇 成愛篇』/剛しいら(稲荷家房之介) | main | 『交渉人は黙らない』/榎田尤利(奈良千春) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
秀さんは不倫ものがお好き?
さる2月26日、アクセスが400000を越えました。
いつもいつも、ご来訪・コメント・TB・拍手ボタンを
押してくださる方々、本当にありがとうございます。
これからもゆるりと続けていきたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

400000記念はアンケートかバトンか作家特集に
しようかと思案中でございます。

さて、今日は不倫ものです。私は不倫自体は余程でない限り
ダメですが、不倫ものを読むのはとても好きです。
自分で味わえない(味わいたくない)感情を読めるんですもの。

そんなところに秀さんの新刊が2冊続けて不倫ものだったので、
あわせてネタバレ気味な感想を書いてみました。
続きは以下です。



ノンフィクションで感じたい

徳間書店 (2007.1)
[BK1] [Amazon]

愛執の鎖

笠倉出版社 (2007.2)
[BK1] [Amazon]

まずは『ノンフィクションで感じたい』のあらすじです。
6年前に別れた慎一と光が、編集者と小説家として再会し、
仕事の成り行きでまた身体を重ねることになるのですが、
慎一の左手の薬指には結婚指輪があり…といったところ。

結論から言えば、なんちゃって不倫で慎一は結婚していません。
とっても子供っぽい理由ではずしていないだけです。
BLを読みなれている人なら簡単に読み取れるはずです。
なのであんまり不倫っぽさを感じさせないライトな印象で、
へビィな不倫ものを求めるにはちょっと物足りないです。

なぜなら、この作品でメインとなる重要な部分は光の仕事、
「感情の再現をさせて、光の小説に反映すること」であり、
不倫は光の小説のスパイスであればいいわけで、不倫ものと
掲げつつも、不倫は光の小説の「手段」であり、テーマではないのです。

よってこれはいつもの秀さんらしい職業小説であり、
不倫ものとして読むべきものではありません。

フォローしておくと、書いている自分が小説家なのに、
職業小説として面白くないような作品もたまにありますから、
その点ではさすが秀さん、良いデキだと思います。
(恋愛で苦い思いを体験しないと書けないって、
小説家としてそれでいいのかって感じなのですが。)


逆に、がっつりと不倫テーマなのがもう1冊の『愛執の鎖』。
三浦浩一は幼い頃家族にデロデロに愛されてきたせいか、
たった一人の愛では満足できずに常に複数の女性とつきあった
経歴を持つが、今は銀行員の課長という仕事も伴侶も得ている。
そんな平穏ながら、刺激のない生活に満足できなくなっていた頃、
酔った勢いで部下の大石祐と関係を持ってしまう…というお話。

秀さん曰く、「昼ドラ」だそうで、確かにこれが純然たる不倫もの。
ただ、私の好みである、「まじめなオヤジが、貞操観念低い部下に
熱愛されて困る」からは正反対の話でした。

そもそも、三浦の性格形成がなんだかですねえ…家族に
溺愛されたからって浮気をするとは限らないですよね。
つまるところは本人の意志なんだと思いますけど。
不倫や浮気をする男は「遺伝子で決定」なんていう説もありますが、
禿だって努力すれば違ってくるんだから遺伝のせいだけにしないで欲しい。
(うっ、場違いなところで自分に言い聞かせてしまった)
不倫にはロクデナシがつきものなのでしょうか…。

結局、三浦は職も妻も失ってしまい、大石だけが残るので
ざまあみろ…なのですが、よく考えたら何も失って無いんですよね。
職→いままでの銀行員の資格があるのでなんとかなりそう。
妻→もともと深く愛せた対象ではなかった。大石のほうがむしろお得?

よって、不倫ものなのに誰もラストは不幸になっていないと言う点で…
腹が立ってきたような……やつあたりでしょうか。
本当に何もかもなくしてしまうのも嫌ですけれど、
ちょっとハッピーすぎた感が否めませんでした。


あれ…、不倫ものということで書き出したはずなのに、
どちらにも不倫のかたちの点で満足できなかったという
結論になってしまいました…(苦笑)

秀さんならきっともっと濃い不倫が書けるはず…!
ぜひ、また不倫ものを出されるなら濃いめ暗めを希望です。
| [BL・小説]秀香穂里 | 21:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |