-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秀さんは不倫ものがお好き? | main | 『ブレイク アウト』/高尾理一(緋色れーいち) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『交渉人は黙らない』/榎田尤利(奈良千春)
榎田尤利/奈良千春といえば、私のBL小説における
最強タッグであり、この作品はその記念すべきタッグの
具現化したもの、ということになります。

絶対ガツンとくるものに違いない…!と心の準備(?)を
していたのですが、結構軽めの作品でした。

榎田さんの軽妙な描写が相変わらず盛り込まれていて
これはこれで楽しい当たりの作品でありました。
以下、感想です。





交渉人は黙らない
榎田 尤利著 大洋図書 (2007.3)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
元検事で元弁護士の経歴を持ち、その上美貌と才能まで
持ち合わせた男、芽吹章(めぶき・あきら)は
暴力・脅迫・強制の三つが反吐が出るほど大嫌いだ。
弱き立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外は
なんでもござれの交渉人として、「芽吹ネゴオフィス」を経営している。
そんなある日、芽吹の前に二度と会いたくも無かった高校の後輩・
兵頭寿悦(ひょうどう・じゅえつ)が現れた。しかもヤクザになって…!

*   *   *   *   *   *

おそらく、定番として存在していながらも、私にとって
許せない嫌悪すべきヤクザものというものがあります。
それは働いていないヤクザ。
しかもそれでなぜかお金持ちだったりすると許せません。

別に金持ちだったり傲慢だったりは、BL全般における
デフォルトなところもあるのでしょうがないとしても、
「ヤクザ=危険な世界の男」であることこそが重要だと思います。
そんなBLデフォルトはアラブに委任しておけばいいのです(笑)

前置きが長くなりましたが、そんな私のヤクザもの観から見て、
この作品のヤクザは合格なんだか不合格なんだか分かりません。

金持ちと言う点で見ると、そこそこの金持ちですし、
傲慢と言う点では、芽吹に対してだけ傲慢なだけ。
では危険なオトコかと言われると、ヤクザの中でも
かなり地味なドサまわりを大切にする男なのです。

なんというか…ヤクザっぽくねえー!
ちょっと危ない稼業をしているシロウトさんみたい。
彼の高校生のときのほうがよっぽど危ない香りがしています。
アウトローとしてのヤクザを描いているのではなく、
地元に密着したヤクザを描いていると言うか…
エダさんにはこちらのほうがあっている気がしますが、
そんな一風変わったヤクザさんなのです。

よって、ヤクザものなのにヤクザより交渉場面が優先されます。
芽吹がよく喋るからと言うものもありますけれど、
この力関係のバランスはヤクザもので貴重ですよね。

どうしても奈良絵のヤクザと言うとハードなものを
想像してしまいますが、榎田尤利さんの軽妙な
直接話法が生かされた、楽しい作品だと思います。

そうそう、奈良絵ですが、今回は抑え気味だと思っていたら
最後に電車の中では読めない(読んだけど)、入根…いやいや、
入魂の素敵で過激なイラストがございました!ご注意を(笑)


以上のように、ほぼ満足の読み応えだったのですが、不満な点も。
それは芽吹の交渉人になったまでの、職業を変えていた
時代の心情の動きをはじめとして、まだ疑問が残っていること。
読んでゆくにつれて当初抱いた理由が芯となっているのは
分かりますが、そこをもう少し書かれていると良かったかな。

その辺も含めてまた続編を書いてくれると嬉しいです…。
五月にまたシャイノベルスで出すとかかれていますが、
榎田尤利さんの公式サイトを見たところ、遊郭ものとのこと。
続編は…来年の秋(訂正)!?もっと早くー!

榎田さんの中では大当たりではありませんが、当たり、かな。
つまり、BL全体から見ればオススメです。
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |