-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『朱い熱』/橘紅緒(北畠あけ乃) | main | CDたずねてさんずい(渋谷)へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ずっと君が好きだった。』/夜光花(文月あつよ)
こんばんは、演劇ものBLにはうるさいaya-meです。

演劇そのものに関してはど素人なのですが、
演劇を扱った2次元の表現に関しては、ガラスの仮面が
最高だと考え、作品の出来を評価するときはおろか、
登場人物の性格まで重ね合わせて考えてしまう傾向にあります。

そんな私が夜光さんの初誰も死なない、トラウマも持たない
この作品を読んで思ってしまったこと。それは…
(注:この先ガラかめ読者にしかわからない描写多々あり。)




ずっと君が好きだった。
夜光花著 海王社 (2007.3)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
劇団員の原田裕紀と、高校を卒業する寸前に友人となった
八木弘道は、5年来の親友である。なぜ、卒業する寸前に
友人になったのかと言うと、裕紀は八木に告白されたのだ。
そのとき、友人になろうと振った裕紀に対して、
八木は友人では満足できないと言う。そんな彼をなぜか引き止めるため、
「5年好きだったら、お前を好きになる」 と言ったのだ。
裕紀は覚えていなかった…、が八木は5年後再び告白する。
八木は裕紀に付きあえないなら離れると言うが、
裕紀は八木と離れたくない。その勢いで付き合うことになるが…。

*   *   *   *   *   *

(上からの続き)裕紀の鈍さ、演劇のめりこみ度=マヤ、
八木のヘタレ度=桜小路YOU、
という図式でした!

一旦そう思っちゃうともう感想もガラかめ無しには語れません。

裕紀はあらすじの通り、恋愛に対して執着しないタイプだけれど、
攻めにそばに居てほしいがために残酷な約束をしてしまうだけあって、
かなり他人の気持ちに鈍くて疎い男なのです。

これが、まさに桜小路YOUへのマヤの態度なのです。

マヤは、桜小路YOUの好意でバイトを肩代わりしてもらったり、
演技の稽古の相手をさせているのに、肝心なことには
答えずに演劇に夢中になり、それに対して桜小路YOUが
切れたくらいで「桜小路くん…」と不安になって泣き出したり…
ほんと恋する人間に対しての配慮が足りない女なのですが、
裕紀は女とだらしなく付き合っていた、と言う点でさらに
マヤよりも鈍感さ、淡白さにおける評価が下がります。

そしてマヤのように天才ではないものの、劇のためなら
キスだってなんだってできちゃう、とのたまう彼は
桜小路YOUに嵐が丘の舞台を見せつけるマヤのごとき所業です。


八木もこんなやつ見限っておけばいいのに、ご丁寧に
桜小路YOUの道をたどります。劇の途中で席を立っちゃったり、
一回告白して振られてるくせにマヤ…じゃなかった、
裕紀の甘言にのって5年もセックスもせずに我慢するなんて!

ヘタレだけど探せば他に居るでしょう、
家事から何からしてくれて一途なんだから!
もったいないですよ、ほんと八木君はいい奴なのに哀れ…。
恋なんて盲目なんだからしょうがないですけども。

お互いにもうちょっと話し合う術を見につけるべきですね。
30年前から続いてる少女マンガじゃないんだから!(笑)

ただ、悪く言えばワンパターンだった今までの夜光さんの
作品を破った作品でもあるだけに、温かい目で見守りたいです。

劇中劇と自分を重ね合わせて裕紀が恋する気持ちを深めたり、
アマアマなHシーンのくだりなんかは結構楽しめましたしね。
って、真っ当な感想ならそこを詳しく書くべきなのか?

…その辺はご自分で、ということで逃げさせて頂きます。

ヘタレと鈍感の意思疎通の無さを乗り越えてでも、
甘めの新生夜光花作品が読みたいわ、という方はどうぞ。

P.S.この記事の全てのガラかめネタが理解できた方は、
認められても嬉しくないでしょうけど、凄いです。
| [BL・小説]夜光花 | 21:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |