-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 40万記念のアンケートです | main | 『ずっと君が好きだった。』/夜光花(文月あつよ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『朱い熱』/橘紅緒(北畠あけ乃)
嗚呼…何だか今日は耽美風なBLが読みたいわ…
と言う気分だったので、金曜の朝、通勤時間の
読書用として持ってゆく本にこの本を選んでみました。

積読は非常に弊害がありますが、読みたいタイプを
その日の気分で選べる利点はとても有難いです。
朝から崎谷はるひの著作しかなかったなんてことになったら
「ちょっ、朝からケーキ3つ!?」みたいな気分でしょう?

でも、それでも読みたい物が見つからないときも
あるので、積読はときに無意味だったりします…。

さて、積読人間の嘆きは置いておいて、
この作品の内容ですが…実に熱かった。



朱い熱
橘 紅緒著 / 北畠 あけ乃イラスト 大洋図書 (2006.12)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
美しく整った容貌と裏腹に、他人を傷つけることを厭わない
松嶋理利(まつしままさとし)は、『櫻丘寮の悪魔』と呼ばれている。
そんな彼を、愛情をこめて『リリ』と呼ぶ生徒がひとりだけいた。
松嶋の従兄であり、櫻丘寮の寮長も務めた斎木志鶴(さいきしずる)だ。
誰をも信じることのない松嶋にとって、志鶴だけは
信じることのできる存在であり、志鶴がいるからこそ、
松嶋は生きていることができたのだ。そのはずだった…

*   *   *   *   *   *

熱いです。冷たいのに、熱いです。

半年後に読んだら赤面しそうな、ちょっとポエティックな
感想の書き出しになってしまいましたが、そう感じました。

この作品全体がまるで、リリ…と呼んだら視線で
殺されそうなリリこと松嶋そのもの。
冷静なようで、中身は熱に魅入られ、たぎっています。

文章も、橘さんの硬質な文章の裏に燃え盛るものを感じます。
そっけなく感じるほどの文は今までと変わらないんですが、
凄く引き込む勢いがあって、ノリノリで書いたのか?と
邪推するほど。(私と波長が合っていたせいかもしれませんが…)

文章のキレも凄く良かった気がしました。
特に私が好きだったのは、リリの性格を良く現していた、
22Pのこの直接話法(↓)の部分。(地の部分は省いてます)

志鶴:「えらく間があったな」
リリ:「誰の物差しで測ったの」
志鶴:「回ってきたじゃないか」
リリ:「頭が?それとも口が?」

こんな15才と14才いねえっ!と思いながらも
リリと志鶴の応酬を楽しみました。

文章の話はこのくらいにしておいて、キャラについて。
いままでの櫻ヶ丘シリーズでいまいち行動や言動に
理解しがたいところが多かったリリなのですが、
ようやくリリの性格の複雑さが理解できました。
……ときに才能は非常で残酷なものですね。
唯一の救いがあったことに読者として感謝しています。
斎木、ちゃんとリリの望みを叶えてやっておくれよ!

ネタバレしないほうが楽しく読めるので、ストーリーには
触れませんが、橘さん流のJuneっぽいもの!と言った感じかな。
大変楽しんで読めました。

が、気になる点もいくつかはあります。

1・時系列が複雑。
 私が流し読みタイプのせいか、BLに慣れすぎたせいか、
 一読しただけではちょっと時系列が分かりづらかったかな。
 私の頭の中を整理するためには再読を要しました。

2・Hシーンがエロくない。
 もうこれは文章的にしょうがないかと思いますが(笑)

(3・キャラの誰が誰だか忘れてる→自分のせい。)

そんなところでしょうか。まあ、何はともあれ、橘さん、
私立櫻ヶ丘学園寮3部作、完結おめでとうございます!(遅)
今月発売の『妓楼の戀(仮)』(読めない!)も楽しみにしています。

Juneっぽい作品をお探しの方はぜひどうぞ。
ありがちBLの展開でないことは保証します!

P.S.装丁もはまりすぎて怖いくらい素敵。北畠さん最高!
| [BL・小説]橘紅緒 | 21:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |