-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< CDたずねてさんずい(渋谷)へ | main | 本屋にて、妄想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『DEADHEAT』/英田サキ(高階佑)
DEADLOCKの続編にして待望の新刊、DEADHEATです。

英田サキさんは今最も勢いのある作家さんだと思いますが、
有名になるにつれ、期待が比例して上昇するものであって、
その期待に応えるのはとても大変だと思うのですけれど、
それを決して裏切らない良作でした。

あらすじの最後の、「デッドエンドLOVE」以外はね!
デッドエンドってさー、「行き止まりのとか、行き詰まった」って
意味じゃなかったでしたっけ?…(検索中)…「将来性のない」もか。
タイトルどおりにしておけばいいものを。

まあ、そんなあらすじの些細なことは置いておくとして、
詳しくは、ネタバレ注意、以下です。




DEAD HEAT
英田サキ著 徳間書店 (2007.2)
[BK1] [Amazon]

☆10行で分かる前巻とこの巻のあらすじ
冤罪で刑務所に収監された元警察官のユウトは、FBIのスパイとなって
刑務所内に潜伏するテロリスト・コルブスを探し出すことに。
所内での過酷な経験の中、冷たいと思っていた同房の青年ディックの
優しさに触れ、彼に惹かれるようになり、ついにそのディックと結ばれる。
そしてコルブスの正体が判明したが、刑務所から逃走されてしまう。
実はユウトと同じく、コルブスの正体を暴こうとしていたディックは
CIAのスパイであり、コルブスを追いかけて脱獄する。
ユウトもディックと会いたいという望みを胸に、職を捨て、
FBIに入り、継続してコルブスを追うことに。そしてようやく
見つけたコルブスへ繋がる道には、ディックとの再会が…

*   *   *   *   *   *

このあらすじは内容を読みかえさずに書きました。
それぐらい時期をおいても分かりやすく印象に残るということです。
いや、ほんと、前巻の感想(参考:こちら)でも書きましたけれど、
コルブスの過去を知る犯罪学者が仲間になったり、
コルブスから愉快犯的なパフォーマンスがあったり。
そして待ち望んだディックとの再会も一筋縄ではゆかず、
切なくすれ違ってしまうなど、よりいい意味で、
ハリウッドっぽさが増している感じですね。

都合が良すぎるまでにコルブスへの道が敷かれている、とも、
若干気になる点はありつつも、ハリウッドと考えれば問題なし。
「BLの捜査パートなんておまけみたいなもんでしょ」と侮っていると
驚いてしまうようなテンポよく小気味よく展開しているので、
しばしの間、本の世界に入り込むことが出来ると思います。
むしろ、この巻では恋愛が後回しになっているくらいですから。

しかし、「あ、逆にそんなのつまらないわ」とも思うなかれ。
捜査の合間にユウトの会いたい気持ちが募って募って、
(読者としても)ボルテージがあがってきた丁度良いタイミングで
もたらされるこのラブシーンの甘さがたまりません。

作中時間でも半日と会ってもいない、Hシーンも1回しかない作品が、
凡百のエロてんこ盛りラブラブ話より甘く感じるんでしょうね。
ほんと英田さんの焦らしのテクニックには唸らされます。

ラスボスの正体も分かってしまっている点が、物語の勢いを
少し削いでしまっているかとも個人的には思うのですが、
次々と判明した事実、そしてまだ明かされない疑問点も
いまだ多く残り、それがどのようにして落ちがつくのか…
ユウトとディックがどうなるのか、次の最終巻が待ち遠しいです。
ラストが上手く収束したら今年のベスト入り確実ですね。

ラスボスがゾーマだって分かっていても、つい面白くて
やり返してしまうドラクエ靴里茲Δ法∋笋涼罎
殿堂入りしてくれる作品になることを祈ります。

みなさま、最終巻までに予習しておきましょう!(笑)

P.S.…実は個人的に一番嬉しかったのはユウトが
刑務所内にいた頃の仲間、ネトが再出演したことでした。
ネトが唯一男に惚れたときの話はちょっと涙腺に来ました。
ぜひ彼にも幸せを!短編でも同人誌でもいいから!
| [BL・小説]英田サキ | 21:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |