-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本屋にて、妄想 | main | 一般ゲームのおもいで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『hide and seek』/池玲文
この方って、ヒゲ・筋肉属性でしたっけ?

実際に読んだことは無いのですけれど、この方のイメージは
ビブロスの『閑雅なスプーン』の表紙のような、
スタイリッシュなイメージだったんですけれど…
表紙の人、もみ上げからヒゲまでつながってますよ!?

体毛・ヒゲ・オヤジをこよなく愛す私としてはこちらのベクトルに
開眼して頂くのはとても喜ばしいことなのですが、
残念ながらちょっと申し上げたいことが…

以下、珍しくちょっと辛めな感想です。




hide and seek
池玲文 オークラ出版 (2007.3)
[BK1] [Amazon]

なんていうか…萌えない?
BLにおける全否定で始まってしまってすみません。
でもそう思ってしまったのだから仕方ありません。

8〜20Pの短編が8話収録、1話同人誌から再録、1話書き下ろしと
なっているのですが、2話しか見るところが無かった…。
しかも一番面白かったのが同人誌ってどういうこと…(苦笑)

私の萌えツボはみっちり入っているはずなのです。
・体毛
 →ヒゲはおろか、BLにおけるキワモノ的存在の尻毛や、
  胸毛なども登場するくらいに濃い。
・オヤジ
 →半分以上に出没。ヒゲ・体毛濃い確率高し。
・ガタイの良い兄ちゃん
 →かなりホンモノっぽいガタイの良さ。

もの凄く好きなシチュエーションなのに、萌えない…なぜ?
と考えたとき、同じ属性のパイオニア、内田かおる大先生の
著作と見比べてみると、原因がとても良く分かりました。

ときめきが圧倒的に不足しているのです。

これは掲載誌が本物(爆男系列)だと言うことが原因なのか、
きわめて関係が身体優先のリアルのゲイっぽいのです。
それは全く問題ないのですが、それとともに最も重要な
BLの根幹、「身体より心」が抜け落ちてしまっています。

それは、『僕の髭嫁』を読んだときにも同じことを感じたのですが、
狩野さんの絵で描かれていたときは絵がBLっぽくないせいか、
ここまで不自然さが浮き彫りにはなりませんでした。
しかし、池さんの絵ではちぐはぐに感じてしまいました。
BLの皮をかぶったポルノって感じなんですよね。
皮をかぶっているのはなんにせよ良くありません。

爆男もBLの人気を借りようとせずに、身体が優先だからこその
ゲイならではの苦しみや悲しみを書かせればいいのに。
バックグラウンドも解説されないままに「好き」と
言われてもただヤってるだけにしか思えないですし、
そんなマンガならわざわざBLから引っ張らなくていいじゃない…。

ぜひ爆男系にはBLとゲイコミの融和を目指して頂きたいです。
こんな不燃焼なフュージョンじゃミスターサタンも倒せやしないよ!


この作品を読んでオークラ出版に憤りを感じてしまいましたが、
池玲文さん個人に対しては、全然憤ってません。
同人誌からの再録が獣人ものなのですが、前述したように、
「やりまくりが基本な世界」で「好きな人としかしない」という
テーマを扱っていた、とっても自分好みの作品でしたので…。

これとあとジジイ攻めの作品はシチュエーション的に
好きだったのでなんだかとても惜しいです。
オークラさん、この路線で行くならもっとときめきを…!

P.S.
内田かおるさんの話を読むために買った激男で1度目にした作品が
収録されていました。忘れてしまっていたようです…若年性ボケか。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:52 | - | - |