-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年4月新刊購入予定リスト | main | 『SWEET SAVAGE やさしく殺して』/松岡なつき(奥貫亘) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『プロジェクトはC級』/水無月さらら(門地かおり)
問い:それは俺の入り口を侵し、身体の奥深くへ入り、
喉をむせ返させ、目に涙を溢れさせ、爛れたように肉を赤く染め、
自然とぐしょぐしょに体液を漏れさせてしまう、恐ろしいもの。

答え:花粉。おしべという隠語は不可。

ちょっとアダルトな書き方をしてみました、こんばんは。
花粉に対しては攻めだって絶対に受けですね…!
まあ、私は鼻水が出ても目がかゆくても
花粉症ではない(と思いたい)ですけれども。

そんなくだらない出だしを考えさせてしまうくらいの
アホエロオンパレード作品が今日の感想本です。




プロジェクトはC級
水無月 さらら著 ビブロス (2001.1)
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
書店でバイトをする内気な大学生・楠瀬育也(くすのせ・いくや)は、
店によく訪れていたエリート矯正歯科医の深町(ふかまち)の治療を
受けることになり、治療時間外の時間帯に訪れたのだが、
そこで育也は以前から見惚れていた深町と関係を持った。
それ以来、付き合うことになった二人だが、
深町はとんでもないド変態だったのだ…!

*   *   *  *   *   *

唐突に育也君が恋に落ちて、「ああ、最初から付き合う系ね」と
思ったのもつかの間、歯科医のド変態深町が暴走します。
いくら歯科医という職業がSっぽい雰囲気を持っていても、
私をドン引きさせる行動…、それは、自分の出張中に
育也に課題を書いた宿題のノートを出すことでした。

もちろんシモのほうの宿題なのですが、第一段階から
ソーセージを使ったディープスロートと非常に濃いのです…。
もちろんその描写も深町の粘着質を反映してかなりねちっこくて、
なんでこれスラッシュじゃないの?と思ってしまうほどです。

深町の暴走はとどまることを知らず、このあと、
深町の実弟を使ってバイブレーターの使い方の実習、
ピアッシングなどなど、正視できない展開でした…。(読んだけど)
いやはや、ラブがありまくりとはいえ、正直きついです。

全体的には明るいエロコメディなんですけれども、
読んでいて何だかもの凄く悪いことをした気分です。

それはたぶん、門地さんの絵の影響が強いのかと思います。
門地さんの絵は、ご本人のコミックで描かれるときには
コメディ色がより強くなるので平気なのですけれども、
挿絵にしてみるとショタものに思えてしまうんですよね…。

ショタが苦手なわけではないんですが、門地さんの少年たちは
可愛いのに強く罪悪感に訴えてくる気がします。

でもこれだけアホエロシーンを詰め込んでおいても、
飽きさせずに読ませるってのは凄いことかもしれません。
例え深町が名前どおりにディープなドSの変態であっても、
育也がそれにどんどん慣らされてしまうドMに
描写されていても…水無月さらら、恐ろしいひと…!

ちなみに。これはシリーズ物となっており、3巻目まで
徹頭徹尾、このテイストで突っ走っております。
水無月さん、好きなようにやってんなあ…3巻目なんて
腐女子がいっぱい出る展開になってますしね!

アホエロでおなか一杯にしたいときには、
私のようにイッキ読みをオススメします。

参考
エクスタシーはS級(シリーズ2作目) 
リアリティは超A級(シリーズ3作目)
3作目のあらすじの最後の一文は、
「何回イッたか数えてみてね。」。…だれが数えるかー!
| [BL・小説]水無月さらら | 20:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:22 | - | - |